2010/4/11

デイケアセンターの家族交流会  短歌

昨日は、同居の母親が先月から利用を始めたデイケアセンターの家族交流会に出席してきた。その施設は我が家から500〜600mの距離にある。まもなく85才の母親にとっては天候などによっては少々つらいこともありそうだが、週に2回の利用日にはセンターから車で迎えに来てくれるのでその点でも安心である。

施設は2階建の元・公民館で、中は結構広い。スタッフは23名で利用者は約30名くらいだそうだ。利用者と同じ昼食を済ませてから、施設の方針や年間計画、スタッフ体制などについての家族に対する説明と報告があった。こういう家族交流会は年に2回開催しているらしい。昨日と今日の2日間の交流会だが、昨日はそのうち8家族くらいが出席していた。

この施設は食事が美味しいので有名なのだが、実際に食べてみて確かに美味しいと感じた。またスタッフはみんなテキパキと動いており好印象をもった。もともと看護職や介護職の方々は使命感の強い方が多いが、ここでもそれを感じた。中でも60才前後の女性センター長のリーダーシップと人柄に安心感が増した。やはりどんな組織もリーダーが重要であるなあと感じた。生駒に住んでよかったと思えることがまたひとつ見つかった次第である。

「たらちねの母の通へるデイケアを見学し我こころ安らぐ」

「週二回母の通へるデイケアの職員達のかいがいしさよ」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ