2010/2/5

21世紀型の人事制度へのヒント  短歌

今回の4日間の東京出のついでというわけではないが、1日目の夜は千葉に住んでいる元上司との面会を組み込んだ。帝国ホテルの隣のビルのレストランにその人は現れた。かれこれ7〜8年ぶりの再会である。今月末で70才になる元上司は、この7年間の間に奥様を亡くされ、続いて介護をしていた母親も亡くされて、今は全くの1人住まいだという。しかしご本人はお元気そうなので、少々ホッとした。

その上司とのコンビを組んだのは、1990年前後の数年間であり、私個人としては部長職に挑戦中の時期であった。上司としては非常に厳しかったが、同時に実に色々なことを教わった。

例えば今も記憶に残っているのは、「一人前の男というものは1年か2年で一つくらいは、これをやりましたと言える大きな仕事を残すものだ」とか「部長というものは課長の延長上の大課長とは全然別のもの」、「人事部長にも、係長を育てられる部長と課長を育てられる部長と部長以上・役員を育てられる部長とがある。君はその内のどれか?」などである。その元上司は今は全く第一線を退いているのだが、私と話している内に昔の片鱗が出始めた。

曰く「日本の企業は早く年功序列から脱出しないといけないが、どこもまだそれに成功していない。脱出のためには、給与制度も年令や勤続年数でなく資格等級で決めるようにしたらよい。そのためには、仕事を何十もの段階の資格に分けてお互いにわかりやすくし、体力その他の理由でその仕事がこなせなくなったら等級を下げる、給与も下がる、というような形にするべきだ。」など、いくつかの大胆な構想を語ってくれた。

これらは簡単なことではないが21世紀型人事制度として研究してみる価値のある課題と感じた。元上司は今も大きなヒントをくれる私の上司であった。

「偉大なる先輩いまや古稀にして新世紀での人事を語る」

「若さとは身体の年令ではなくて挑戦姿勢の強さ度合か」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ