2009/12/19

平城京の空気は何色?  短歌

お気づきの方もおられると思うが、このブログに掲載している私の写真を先日から変えてみた。5月にブログを書き始めてから約半年間は、定年祝いと妻への慰労を兼ねた旅行を思い立ち節子と行った「立山黒部アルペンルート」旅行の時に、白馬(しろうま)岳をバックに黒部湖にて撮影した写真を掲載していた。しかし、あまりにも夏らしい風景のまま冬を迎えるのも何だと考え、数少ない自分の写真を探した中で、今年の3月に地元の奈良市の平城京を訪れた時の「朱雀門」前でのスナップを取り上げることにした。

いずれの写真も、背景は青々とした空である。厳密に言えば、もちろん夏と冬の空では自ずとその色合いや深さというか高さも違うのだが、いずれも空の青さが素晴らしいので取り上げたのである。空気が汚れてきた日本、青空がなくなってきた日本とか言われるが、どっこい日本にはまだまだきれいな空は残されている。ただしそれは季節や気象条件など、いくつかの要素が整った場合に限られるのは現実的には致し方がない。

それにしても私は幸運な人間である。というのは、毎日とは言えないが毎年のようにそういうきれいな空を見ることができているからである。幸いにして、好きな趣味の山登りによって、高山特に信州あたりの3000m峰に登ればまだまだ空気は澄んでいて、日中もそうだが夜中にはそれこそ「星のランプに手が届く」くらいの満天の星が見られるのである。

「平城京遷都1300年」記念行事が来年一年間通して開催されるそうだが、今年復元されたばかりの大極殿は、ひと足早く復元された朱雀門よりひと回り大きく、かなり遠くからでもよく認められる。それが公開されるときにはにはぜひとも行ってみたい。その大極殿の南に位置する朱雀門の前に立ち、1300年前の奈良の都の空気はいかばかりであったかと、つかの間の思いを馳せる私であった。

「いにしへの奈良の都の朱雀門入口飾る柳並木よ」

「千年の昔を偲ぶ大極殿朱色を通しかの国見ゆる」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ