2009/12/13

友人の小論文  短歌

昨日の東京出張の際、ある資料を持参していたので、新幹線の中で一気にそれを読んだ。それは大学時代の同期生達との先日の懇親会のときにある友人からもらった資料で、彼自身が書いたものである。A4に小さな文字で18枚も書かれた小論文ともいえるもので、管理職から経営後継者層を対象として、マネジメントの要諦について自論を述べたものであり、それは「事業のマネジメント」と「人のマネジメント」に大きく分けて述べられていた。

「事業のマネジメント」の項では、トップマネジメントにある人は「志」を示さねばならないこと、夢を示しその実現をするためには方向性やビジョンの共有化が大切であり所謂「見える化」が必要であること、売り上げや利益は社会的存在意義のバロメータであること、経理とは「経営の理屈」のことでありその実現のステップを具体化した「事業計画」が重要であること、「仮説」を立てそれを検証していくことの大切さなどが述べられていた。

「人のマネジメント」の項では、人は情の動物だが情だけでは動かないこと、サラリーマンではなくビジネスマンを目指すべきこと、手段の目的化や部分最適に留意すべきこと、そして「欲求の5段階」説に対して彼はその上に「他人に対していい影響を与えたい」という「影響欲求」があるのではないかという自論を展開していた。

彼の仕事とは直接は関係ない内容だがビジネスマンであるかぎりいつかは直面する重要なテーマについて自分の体験に基づいて書かれたその小論文は、中身もそうだがいつまでもそういう探究心を持ち続けている友人がそばにいるとわかったことも、私にとって新鮮で大いに参考になるものであった。

彼は40年前の学生時代からも仲間内では勉強家で理論家の方であったが、私と同じ電機業界の企画部門に籍を置いていた彼が企業内にあってもその姿勢を貫いていたことを改めて知って何となく嬉しくなり、新幹線の車中から早速所感を送っておいた。私も彼のように、いい意味での「書生っぽさ」を持ち続けたいものだと思った。

「還暦を過ぎて送れる日々の中無くしてならぬあの書生っぽさ」

「いつまでも勉強続ける姿勢こそ若さを保つエネルギー源」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ