2009/11/29

赤い生駒山  短歌

「生駒さん、おはようさん」、今朝も生駒山へのこの挨拶で私の一日は始まった。私の執務机の前のブラインドを上げると、生駒山が目の前にそびえているからである。

その生駒山の紅葉が2日前くらいからぐんぐん進み、一昨日からは山肌の赤色がグンと濃くなってきた。私の席からはちょうどその東斜面を見ている形なので、それが7時前後に朝陽を浴びたころには、青い空に鮮やかに浮かび上がるのである。その美しさは、眺め続けていても飽きるものではない。

我が家がここに転居してからちょうど2年が経過した。しかしながら生駒山はもう何千年も前からここにこうして存在し、秋には赤く、冬には時に白く、春には新緑で淡い緑色に、そして夏には濃い緑色にと、毎年その衣装を替える作業を続けてきたのである。当たり前のことなのだが、そのように考えてみると不思議と、日ごろの悩みや腹立ちはもとより、人間の営みまでもがごく小さいことのように思えてくる。

幸いにも、10月から始めた事業のほうは世間の不況風とは無関係であるかのように次々とご注文をいただけている。2人の親友ほか、知人たちのご協力ご支援があればこそである。ありがたいとしか言いようがない。一昨日も12月の講演の打ち合わせを済ませることができ、昨日も帰宅してみると、先輩社長からコラボでやろうと誘ってくれている新テーマである就活に関するセミナーの企画書案がメールで届けられていた。

さあ、昨日は心身のリフレッシュができたので、今日はその企画書案の検討やCDA(キャリアカウンセラー)の資格取得に向けた勉強を全力で進めるとしよう。

「毎日が休日であり毎日が仕事でもあることの楽しき」

「起業後のもがきの中にゐる我を今日も生駒はただ見送れり」
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ