2009/11/21

60の手習いを決意する  短歌

今日は、大阪駅前まで出かけて、CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)の資格取得の講習会の事前説明会に出席してきた。
会場には約20名が参加していたが、予想どおり30代前後の若い人達が多く、中でも女性のほうが多いのが目についた。50代後半の男性も数名おられたが、どう見ても私が一番年上のようだった。

この資格は、一般には「キャリア・カウンセラー」とも呼ばれるもので、他の資格と同様にアメリカが発祥のものであり、日本には2000年から導入されたものと聞いた。

現在では約8200名が資格取得され、企業内であるいは人材ビジネスで活用され、最近ではハローワークなどの公的機関の職業指導官の方々も盛んに取得されているものである。

思えば私自身も、体験的にはキャリアカウンセリングのようなことをやってきたようには思うのだが、真に理論的にまた体系的には学んでいないので、人事コンサルティングを事業としてやるからにはここらできちんと学んでおこうと決意したものである。

受講料は既に払い込み、テキスト類ももう自宅に届いているので、あとは自宅での学習と通信教育の受講、そして2月から3月にかけての通学学習である。2月から3月の土曜日は、これでほとんどつぶれることになる。

3月末までに修了の認定を受けることができたら、6月下旬の一次試験、そしてそれに合格すれば8月下旬の二次試験へと進むことになる。当初はともかく、最近は受験者数も急増しているらしく、その結果合格率も次第に低下しているそうなので、記憶力の衰えを感じるアラ還族の一員としては少々心配である。

しかし、もうサイは投げられた、いや私が投げたのである。若い人達に負けずに最後まで粘り強く続けて首尾よく目的を果たしたい。61才にして新しい手習いを決意した日であった。

「六十の手習ひ始める説明会せめて座席は最前にとる」

「久々にめくるテキスト新鮮で来夏の試験にハラハラわくわく」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ