2010/1/30

コンサルのコンサル  短歌

前にも書いたが、昨年11月から3月までの5ヵ月間かけて、ある経営コンサル会社のコンサルを担当している。対象者はその会社の若手コンサルタントである。最近コンサルティング会社を始めたばかりの私に経営コンサルタントとしての専門知識やスキルを教えられるわけはない。私の担当は、職業や職種に関わらずビジネスマンに等しく求められる能力の向上である。私はこれを「ビジネス基礎力」と命名した。

では「ビジネス基礎力」とはいかなるものなのか。私なりに試行錯誤をした結果、「業務遂行能力」「職業意識」「取り組み姿勢」の3項目とした。これらはさらに細分化され、全部で16項目に分けたうえで、それらの現状のレベルを判定・診断する診断表を開発した。そしてその診断表は、本人とその上司によって記入してもらい、それらを突き合わせるという方式で活用することにした。

先日、その診断結果の報告会を行った。社長以下全員への報告会と、個別面談を通じての各人への報告である。対象者の皆さんが真剣にチェックしてくれたせいか、各人の特徴がよく表れていたように思われ、私の分析とアドバイスは皆さんにも納得いただけた。

これらを通して、コンサルタントには独自のツールや武器が必要であることを改めて痛感した。今後も、この種の診断ツールの充実を図ろう。

「コンサルの指導するにはコンサルのさらに上行く道具を持ちて」

「コンサルと言へども自分を知るための診断結果に謙虚になりぬ」
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ