2020/5/17

その職業の真の役割  短歌

最初の会社の新入人事社員だったころ、人事の大先輩から「君は人事の真の役割は何だと思うか?」と尋ねられたことがある。散々考えた上で私は、必要な人員を素早く採用することとか社員のやる気が高まるような人事制度を作ることとか、考えられる限りの答えを出したが、大先輩はそのことごとくに対してNOと答えた。

では何ですか?と尋ねたら、「人事部がなくてもきちんと人事管理ができているような組織をつくることだ」と教えてくれた。今思えばそれはつまり、現場で人事管理がきちんとできている「自律的な組織」をつくることなのだなあと理解できる。

同じ流れで考えれば、警察官の真の役割は犯罪を取り締まることではなく、警察署がなくても犯罪が起こらない社会をつくることであるし、医者の真の役割は病気を治すことではなく、世の中から病気がなくなるように予防し人々の健康指導を行うことなのだろう。

医者と言えば、先日のテレビで「神の手をなくすために」というようなタイトルの番組を観た。神の手と呼ばれる見事な手術ができる人はそんなに数多くない。いわば熟練技術者である。ところが今はVR(ヴァーチャル・リアリティ)の技術とゲームの技術を応用して、熟練の技がなくてもそれ以上の精度で手術ができるシステムが開発されたそうだ。

これはまるで、製造現場で高性能ロボットが導入されたために従来の熟練技能者が不要となり、アルバイトでもより正確により多くの製品を作れるようになったのと同じことである。これは大きなイノベーションである。世の中にはすごい人がいるものだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ