2020/1/18

同窓会は花盛りだ  短歌

2年前に和歌山県立桐蔭高校の学年同窓会を開催し、当時の在校生750人のうち連絡先のわかる600人に案内を出したところ何と200人もの参加者があった。どういうわけかその時の代表幹事が私である。

最近、その中から中学校の学年同窓会もやろうではないかという声が出て、またまた私達がその幹事をやることになりそうな雲行きである。しかしながら、ある程度は連絡先がわかっていた、つまりは名簿ができあがっていた高校の場合と違い、今回は言わば白紙からのスタートのため簡単には行くはずがない。

当初は2年後くらいにやろうと提案したのだが、有志に相談したら、「それでは遅い。半年後にやるべきだ」という意見が大勢を占めた。そんな無茶な、とは思ったが、頼まれたら嫌と言えないのがこの私の短所であり長所でもある。やると決めたら、やれる方法を考えるのが私流なのである。

先日はその2回目の打合せを行い、開催日を6月上旬に決定した。会場も予約できた。

幸いにも30年前の第1回同窓会と20年前の第2回目の際の名簿が入手できたので、卒業生850名中650名の住所データが得られた。しかしこの20年間にはたくさんの転居やその他の異動があったことは間違いないから、実質的にはその6割くらいしか案内状は届かないのではないかと見ている。

その代わり、少しでも早く案内状を出すことにより、口コミで横に広がることを期待しよう。少なくとも100名以上には出席してほしいので、それを目標にした。さあ〜、忙しくなるぞ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ