10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/12

インパクト静養、報道陣に動じず/皐月賞(04月12日)  

牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1、芝2000メートル、17日=中山)に出走する無敗の弥生賞馬ディープインパクト(牡、栗東・池江泰郎)は11日、全休日のため、厩舎で完全静養。追い切り、そしてレースに向けて英気を養った。1冠がかかる皐月賞ウイークのスタートとあり、多くの報道陣が集まったがまったく動じる様子もなく、にんじんにかじりついた。
 市川厩務員は「弥生賞後は1週間から10日、調教のペースを落としてリラックスさせた。徐々に調整のピッチを強めてきたが、馬なりですごい時計が出ている。今まで通り高いレベルで維持してあげるだけ」と笑顔を見せた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ