10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/1/14

キンカメ第1子誕生! 母はチリ2歳女王  

04年NHKマイルC、ダービーのG1・2勝を挙げ、国内最高の総額21億円のシンジケートが組まれたキングカメハメハ(牡5)の初産駒となる牝馬(母エスカニア)が2日、北海道門別町の下河辺牧場で誕生していたことが分かった。
クリックすると元のサイズで表示します
4日には同白老町の白老ファームで03年皐月賞、ダービーの2冠馬ネオユニヴァース(牡6)の第1子となる牡馬(母ウェスタースケルド)も誕生。ターフで顔を合わせることなく種牡馬入りしたダービー馬の2世対決は、08年夏にも行われる。
 牧場創設70年目で初のG1馬に輝いた3冠牝馬スティルインラブ。その繁殖入りに胸を膨らませる名門牧場が、二重の喜びに包まれている。後に同馬に種付けする予定のカメハメハだが、第1子の母はチリの2歳牝馬チャンピオンのエスカニア。カメハメハと同じ鹿毛で、筋肉質の母とは違ってスラリとした父親似だ。今月2日に予定よりも6日早く誕生し、同牧場の下河辺俊行代表の声は弾んでいる。「天気がいい日はすでに放牧に出しています。非常に線のきれいな馬。母の全妹もチリの2歳女王になっているし期待大です」。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ