10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/12/31

10大ニュースその1  

 【1位 インパクト、社会現象に】競馬界にとって歴史的な年となった05年。主役はもちろんディープインパクトだ。

 爆発的な末脚を武器に、10月23日に行われた菊花賞では84年シンボリルドルフ以来、21年ぶり史上2頭目の無敗の3冠を達成。当日の京都競馬場の入場人員は同競馬場最高の13万6701人(前年比約82%増)。NHKが特集を組み、インパクトの関連グッズは100アイテムを超えた。単勝馬券、ぬいぐるみ、入場制限された有馬記念の入場券がネットオークションで高額売買され、11月7日に東京・銀座の松坂屋1階にはインパクトの実物大馬像も登場。その人気は競馬の枠を超え、社会現象にまで達した。

 また、空を飛ぶようなその走りに超高速カメラの映像や心拍数など、さまざまな科学的な分析が試みられたのも特筆すべき点。11月28日に東大農学部で、日本ウマ科学会主催の公開シンポジウム「スターホースの走りを科学する」で装蹄担当の西内荘氏ら6人が講演し、東大生ら230人が聴講した。

 史上初の“無敗4冠”に挑んだ有馬記念はハーツクライに屈し、まさかの初黒星。列島に衝撃が走ったが、当日の中山競馬場の入場人員は有馬記念史上3位の16万2409人(対前年比129・6%)と、インパクト効果は絶大だった。国内統一、夢の海外制覇は持ち越しとなったが、来るべき06年もターフだけではなく、お茶の間を沸かせてくれるに違いない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ