10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/11/16

ディープインパクト、今回は世界32位  

現地時間14日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)から、「トップ50ワールドリーディングホース」が発表された。日本馬では英インターナショナルS(英G1)、10月に行われた天皇賞・秋(GI)を共に2着と惜敗したゼンノロブロイが24位(レイティング121)、10月の菊花賞(GI)を制し、21年ぶりに無敗の3冠馬となったディープインパクトが32位(レイティング120)、アメリカンオークス(3歳牝・米G1)で優勝したシーザリオが50位(レイティング118)にランクインした。

 これは国際ハンデキャッパー会議で決定されたもので、本年度5月1日(英1000ギニー・英G1)〜11月2日(ブリーダーズカップ・米G1)までに施行された世界の主要競走を対象としている。トップは、10月2日に行われた凱旋門賞(仏G1)を制したハリケーンラン Hurricane Run(レーティング130)で、2位はゴーストザッパー Ghostzapper(レーティング128)だった。

 また、26日に行われるジャパンCダート(GI・ダート2100m)に出走予定のラヴァマン Lava Manが40位(レーティング119)。27日のジャパンC(GI・芝2400m)に出走予定のバゴ Bagoが8位(レーティング124)、アルカセット Alkaasedが32位(レーティング120)、ウォーサン Warrsan、ベタートークナウ Better Talk Nowが50位(レーティング118)にランクインしている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ