10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/11/15

ダンスインザムード 完全復活  

今年に入って不振続きだったダンスインザムード。“もう、終わったのか?”のムードだった。だが、前走の天皇賞で13番人気ながら3着と気を吐き、復活した。となれば、「マイルCS・G1」(20日・京都)は昨年デュランダルの2着している舞台。再び激走するシーンは十分だ。
 もともと無傷のV4で桜花賞を制した超良血。3歳秋には天皇賞に挑戦し、古馬のトップクラス相手に2着と、輝かしい実績を持つ。それが4歳になってスランプに陥ったのは、気性面の難しさにあった。クイーンS、札幌記念でも前半からムキになって走り、直線では走る気もなくしたかのように失速。
 しかし、府中牝馬Sで復調の兆しは見せた。後方から追い込む競馬を試みたのだ。結果はスローな流れで8着だったが、上がり3Fは32秒7。3歳時の気迫を取り戻すきっかけをつかんだと言える。藤沢和師も「末脚は目立っていた。北村宏に抑えろと指示したが、あれなら本来の好位に付ける競馬をしても大丈夫」と手応えを感じていた。その通り、秋盾で2年連続の大駆け。「道中はリラックスしてスムーズに走れた」と、北村宏も一変した内容に笑顔を見せた。
 1週前追い切りは芝コースで軽めの内容。藤沢和師は「順調にきている。いい感じだよ」と満足の様子。再び輝きを取り戻したG1牝馬が、完全復活へ爆走だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ