10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/29

ホオキパ動きスムーズ〜天皇賞・秋  

前哨戦のオールカマーを勝って意気上がるホオキパウェーブは坂路での調整。1本目を70秒6で駆け抜けると2本目は4F64秒6と少しペースを速めて登坂した。しっかりと折り合い、スムーズなフットワークを見せる姿は順調そのもの。

 この動きには担当の高平調教厩務員も満足げだ。「坂路は1本でもよかったが、元気が良かったのでもう1本上がっておいた。前走後は反動もなかったので思い通りの調教ができた。大一番に向けて、本当にいい仕上がりになった」と胸を張った。

 3歳時は菊花賞2着でジャパンC(16着)まで駒を進めたものの、その後は脚に骨りゅうが出るなどで長期休養を余儀なくされ、復帰したのは今年の札幌記念(9着)だった。それだけに馬に実が入った今の状態でどんなレースをするのか楽しみな様子。「あっちが痛い、こっちが痛いと言っていた3歳時に比べて今はそんな心配が全くない。相手は強いが楽しみの方が大きい」と続けた上で「先週のディープインパクトは7番だったが、僕の馬も同じ馬主さん(金子真人オーナー)で7番。今週も何とかならないかな」と同調教厩務員は好走を誓っていた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ