10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/27

ホオキパ精神面に余裕〜天皇賞  

今週の美浦は火曜が全休の変則日程。25日は今週の重賞出走予定組が馬場入りが許可された。前走・オールカマーで1年7カ月ぶりの白星を飾ったホオキパウェーブは坂路2本。1本目は4F72秒6、2本目は同60秒7とややピッチを上げて、軽やかな脚さばきで駆け上がった。騎乗した三浦は「良くなっていますよ。歩様も中身もしっかりしているし、昨秋あたりと比べると本当に良くなっている」と、にこやかな笑顔だ。

 この日、二ノ宮師はダイワダイハード(2歳未勝利)に騎乗し、ホオキパの傍らで雰囲気をチェックしていた。同師は「(昨秋悩まされた)骨瘤(りゅう)は今は収まっているし、痛みもない。気持ちの面もレースを1回使ってリラックスしている。今思えば、ジャパンC(16着)の頃は痛みもあったせいか、精神的にもイライラしていたと思う。東京の2000メートルなら、距離不足ということはないし、能力でカバーできる」と確かな手応えを得ている。菊花賞2着など、現4歳屈指の底力を考えれば、初のG1タイトルも夢ではない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ