10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/20

パテック距離対応OK〜菊花賞  

セントライト記念3着ピサノパテックは芝コースで4頭の集団調教を敢行。カーティスクリーク(4歳1000万)が先導役を務め、来週の天皇賞に出走するキングストレイル、パテック、そして厩舎の総大将ゼンノロブロイが最後方に控える形で縦1列に並んでスタート。馬なりのままゆったりとしたペースで、最後まで隊列を崩すことなく2周した。

 前に馬を置いて折り合いに専念させる作戦。2周目にマークした5F73秒3、ラスト1F14秒6のタイムに「きょうは雨で馬場が悪いので“安全”なスピードで長めに乗ってもらった」と藤沢和師。「前走は掛かってしまい、道中でスタミナをロスしたが、きょうの稽古は穏やかに走っていた」と精神面の成長を評価し、3000メートルへの対応に自信をのぞかせた。

 鞍上はデルタブルースで昨年の菊花賞を制した園田の名手・岩田康。師は「別世界の馬が1頭いるけど、岩田君も昨年のように乗ってくれればいい。“連覇”に期待してよ」と、その手綱さばきに期待を寄せている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ