10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/19

インパクト完成の域〜菊花賞  

 肩先や腹回りに厚みが出て、尻の部分ははちきれそうに盛り上がっている。あばらが浮いてトモ(後肢)も細く見えるダービー時の写真と見比べれば、その変化にすぐ気付くはずです。長所である骨格のバランスの良さや柔らかさはそのままに、力強さがプラスされて安定感が増している。肌の張りの良さが目立ち、太い感じは全くしない。完成の域に近づいた印象です。
 馬体に物足りなさが残った春シーズンでも圧倒的に強かった馬が、無事に夏を越しただけでなく大幅に成長。仕上がり状態も申し分なく、強力なライバルは不在。偉業達成を阻む要素は何もないでしょう。私もファンの皆さんと一緒に、歴史に残る大一番をじっくり堪能したい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ