10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/19

2、3着争いが面白い菊花賞  

距離延長がプラスといえない神戸新聞杯組より、セントライト記念組。同4着アドマイヤフジは届かないような位置から3F34秒4と強烈な伸び。何より、母アドマイヤラピスの豊富なスタミナ(嵐山S1着、ステイヤーズS2着)が心強い。橋田師も「前走の18キロ増は成長分もある。距離延長は魅力」と前向きだ。現時点で2着の最有力候補。

 同5着マルブツライトも魅力。18日、大勢の報道陣に囲まれた松岡は「セントライトは外を回っては届かないと思って内へ。結果的に前が開かなかったが…。ディープ以外は差がないと思う。一発大バクチを打ちたい」と再びイン強襲の決意。15日に師匠の前田師が他界。「夏の北海道出張を認めてくれたり、僕の意見もくんでくれて…。前田厩舎じゃなかったら、ここまでこられなかったと思う」。追悼Vに燃える3年目の若武者の意気も買いたい。

 菊花賞馬マヤノトップガンを父に持つヤマトスプリンターや、普段の年なら出走が難しい2勝馬のディーエスハリアー(半姉エリモシック)やレットバトラー(全兄ダイワメジャー)の良血組。3着の穴候補は多彩だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ