10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/8/16

オペラ秋G1へ重賞連覇だ/札幌記念  

北の大地で重賞連勝を決める。札幌記念(G2、芝2000メートル=21日)でオペラシチー(牡4、栗東・佐々木晶)が、秋シーズンに向けて再スタートを切る。昨年の菊花賞3着馬で前走の目黒記念で初めて重賞を制覇。3カ月の充電期間を経てパワーアップした姿を見せつける。
 オペラシチーにとって飛躍の秋にするためにも、G2のここで結果を出したい。キャリア5戦目で挑んだ昨年の菊花賞。勝ったデルタブルースから0秒3差の3着と、大器の片りんを見せた。2周目の3コーナーから下りを利用してのロングスパートは、ポストタップダンスシチーを印象付けるものだった。
 重賞初優勝の目黒記念では2分29秒8のレコードをマーク。早めに動く競馬で自らレースをつくった内容の濃い一戦だった。その後、宝塚記念へは向かわず、成長を促す意味でひと足早い夏休みに入った。日進牧場で英気を養ってから函館競馬場へ入厩。担当の牧坂厩務員は「コースでじっくりと乗り込んできた。状態は万全。以前はひ弱い面があったが、休みを挟んで解消されてきた」と成長に目を細める。佐々木晶師は「札幌のねちっこい芝がどうかだが、開幕して2週目だしスピードを生かせる。4コーナー先行で押し切る競馬ができれば」と勝利のシーンをイメージしている。
 今日16日に札幌へ移動して、18日の追い切りには主戦の佐藤哲騎手が駆けつける予定だ。秋シーズンの当面の目標はジャパンC。その前にまずは札幌で2つ目のタイトルを獲得する。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ