10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/8/11

ムード逆襲へ闘志十分〜クイーンS  

ダンスインザムードは、今回コンビを組む藤田がまたがってボールドブライアン(6歳オープン)とともに芝コース入り。引き込み線で落ち着かせた後、6馬身先行してスタートした。調教で動くパートナーとあって徐々に差は詰められたが、直線を向いてからが見どころ十分。首差まで迫られるが、そこからは抜かせないダンス。闘争心をぶつけ合い、迫力十分にゴール板を駆け抜けた。

 この動きには藤沢和師も満足した様子。「牧場でも乗り込んでいたし、入厩後も3本やって仕上がった。見た目に体は増えているが、稽古もやっているからね」と、うなずいた。今春は9、18着と納得いかない着順が続いた。「全然競馬にならなかったからダメージもない。(昨年秋の)天皇賞ではスムーズに運んでいたし、2000メートルくらいの方がいいのかな」。忙しい古馬短距離戦のペースが合わなかったと分析。1800メートル、全4勝を挙げている右回りの今回、逆襲に転じる構えだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ