10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/6/30

フェリシア51キロ一発〜函館スプリントS  

牡馬相手のファルコンS2着で復活をアピールした3歳牝馬フェリシア。2歳時にはG3フェアリーSを制した実績を持つ快速馬、6F戦なら古馬相手でも通用するスピードがある。

 最終追い切りはダートコース。アサクサムスタング(3歳500万)を追いかける形でスタート。直線ではしぶとく追い上げたが、ゴールでは半馬身差の遅れ。これには「思ったほど動かなかった」と曽根調教厩務員も不満顔。ただ、5F65秒3のタイムには「悪くない。相手が走りすぎたね。カイバを食べているし、体調はいいから」と気を取り直す。重量51キロはプレシャスカフェなど牡馬の一線級とは5キロ差がある。「重量面でかなり有利。荒れた中京より函館の芝の方が力尾を出せる」と藤岡も重賞制覇に手応えは十分。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ