10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2009/2/28

アーリントンC、ダブルウェッジが重賞初制覇  

第18回アーリントンCは、ダブルウェッジが、好スタートから道中は離れた3番手を追走。直線に向いて伸びると、12番人気マイネルエルフとの競り合いを3/4馬身差制して優勝した。勝ちタイムは1分35秒6(良)。さらにクビ差の3着には3番人気ミッキーパンプキンが入った。1番人気のアイアンルックはスタートでやや立ち遅れ、ゴール前で急追するも4着。2番人気のスーニは12着に敗れている。
0

2009/2/21

クイーンC、ディアジーナが制覇  

第44回クイーンCは、内田博幸騎手騎乗の4番人気ディアジーナが、好スタートから道中は2番手を追走。直線に向いて抜け出すと、2番人気ダノンベルベールの追い上げをクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(良)。さらに3/4馬身差の3着には8番人気エイブルインレース(大井)が入り、1番人気のミクロコスモスは先団追走から直線で伸び切れず4着に敗れている。
0

2009/2/7

春菜賞、マイティースルーが人気に応える  

春菜賞(3歳500万下牝、芝1400m)は、小野次郎騎手騎乗の1番人気マイティースルー(牝3、美浦・大久保洋吉厩舎)が、中団追走から直線で馬場の真ん中を伸び、2番人気フェルミオンに1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。さらにクビ差の3着には3番人気アンプレショニストが入った。
0

2009/2/7

エルフィンS、レッドディザイアが接戦制し2連勝  

エルフィンS(3歳牝OP、芝1600m)は、四位洋文騎手騎乗の1番人気レッドディザイア(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)が、中団追走から直線で馬群を割って伸び、2番人気ワイドサファイアをゴール前でハナ差交わして優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。さらにクビ差の3着には5番人気チャームポットが入った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ