10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2007/4/7

桜花賞前日オッズ  

【単勝オッズ】※馬番、馬名、オッズ
14 ウオッカ 1.5
15 アストンマーチャン 5.3
18 ダイワスカーレット 6.5
01 ショウナンタレント 25.9
17 エミーズスマイル 33.9
03 カタマチボタン 49.6
07 イクスキューズ 49.7
08 ピンクカメオ 60.3
06 ローブデコルテ 68.3
05 レインダンス 72.1
10 ハギノルチェーレ 100.0
12 カノヤザクラ 103.5
11 ニシノチャーミー 106.4
09 アマノチェリーラン 137.3
16 ベリーベリナイス 176.0
13 フローラルカーヴ 178.1
02 アポロティアラ 225.8
04 クーヴェルチュール 265.5

0

2007/4/7

桜花賞前日オッズ  

【単勝オッズ】※馬番、馬名、オッズ
14 ウオッカ 1.5
15 アストンマーチャン 5.3
18 ダイワスカーレット 6.5
01 ショウナンタレント 25.9
17 エミーズスマイル 33.9
03 カタマチボタン 49.6
07 イクスキューズ 49.7
08 ピンクカメオ 60.3
06 ローブデコルテ 68.3
05 レインダンス 72.1
10 ハギノルチェーレ 100.0
12 カノヤザクラ 103.5
11 ニシノチャーミー 106.4
09 アマノチェリーラン 137.3
16 ベリーベリナイス 176.0
13 フローラルカーヴ 178.1
02 アポロティアラ 225.8
04 クーヴェルチュール 265.5

0

2007/4/7

NZT、トーホウレーサーが押し切る  

ニュージーランドT(3歳牡牝、GII・芝1600m)は、後藤浩輝騎手騎乗の11番人気(単勝51.1倍)トーホウレーサー(牡3、栗東・川村禎彦厩舎)が好位3、4番手追走から抜け出すと、16番人気マイネルフォーグの追撃を1.1/4馬身抑え優勝した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。さらにアタマ差の3着に8番人気ワールドハンターが入り、1番人気スズカコーズウェイはさらにクビ差の4着に敗れ、3連単は4,904,740円の大波乱となった。なお、上位3頭にはNHKマイルC(GI)の優先出走権が与えられる。

0

2007/4/7

アザレア賞、ナタラージャが抜け出し2勝目  

アザレア賞(3歳500万下、芝2000m)は、藤田伸二騎手騎乗の2番人気ナタラージャ(牡3、栗東・池江泰郎厩舎)が好位の内から直線で抜け出すと、3番人気マイネルキーロフに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分04秒8(良)。1番人気オーシャンエイプスは後方から差を詰めたが、さらにクビ差の3着に敗れた。
0

2007/4/6

桜花賞枠順確定  

1-1 ショウナンタレント(牝3、柴田善臣・二ノ宮敬宇)
1-2 アポロティアラ(牝3、勝浦正樹・柴崎勇)
2-3 カタマチボタン(牝3、藤田伸二・加藤征弘)
2-4 クーヴェルチュール(牝3、鮫島良太・国枝栄)
3-5 レインダンス(牝3、武幸四郎・宮徹)
3-6 ローブデコルテ(牝3、福永祐一・松元茂樹)
4-7 イクスキューズ(牝3、北村宏司・藤沢和雄)
4-8 ピンクカメオ(牝3、蛯名正義・国枝栄)
5-9 アマノチェリーラン(牝3、池添謙一・湯窪幸雄)
5-10 ハギノルチェーレ(牝3、岩田康誠・松永幹夫)
6-11 ニシノチャーミー(牝3、藤岡佑介・浅見秀一)
6-12 カノヤザクラ(牝3、上村洋行・橋口弘次郎)
7-13 フローラルカーヴ(牝3、柴山雄一・堀宣行)
7-14 ウオッカ(牝3、四位洋文・角居勝彦)
7-15 アストンマーチャン(牝3、武豊・石坂正)
8-16 ベリーベリナイス(牝3、秋山真一郎・増本豊)
8-17 エミーズスマイル(牝3、内田博幸・出川龍一)
8-18 ダイワスカーレット(牝3、安藤勝己・松田国英)
0

2007/4/4

シャッフル連敗記録更新  

園田競馬場で行われた3R・D9二(ダート1400m)に、120連敗中のシャッフル(牝7、兵庫・西門則秋厩舎)が大山寿文騎手騎乗、4番人気で出走。後方追走も伸びを欠き、勝ち馬から6.4秒差の7着に終わり、デビュー以来の連敗は121となりトサノカオリ(牝9、北海道・谷口常信厩舎)の持つ記録を抜き現役トップとなった。

0

2007/4/1

マーガレットS、ルミナスハーバー叩き合い制す  

マーガレットS(3歳OP、芝1400m)は、小牧太騎手騎乗のルミナスハーバー(牝3、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、後方追走から直線で外に持ち出すと、さらに外から襲いかかる2番人気アドマイヤヘッドとの叩き合いをハナ差制し優勝した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。さらに1.3/4馬身差の3着に7番人気エーシンビーエル。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ