10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2007/1/20

若駒S、モチが逃げ粘る  

京都競馬場で行われた若駒S(3歳OP、芝2000m)は、岩田康誠騎手騎乗の5番人気モチ(牡3、栗東・田中章博厩舎)がスタートから先手を取ると、直線に向いてしぶとく粘り、外から差を詰めた1番人気クルサードをハナ差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分05秒2(良)。さらにクビ差の3着には4番人気ブルーリッチが入った。
0

2007/1/20

ウィンナワルツが勝ち上がり  

京都競馬場で行われた5R・3歳未勝利(牝、芝1600m)は、福永祐一騎手騎乗の9番人気ウィンナワルツ(牝3、栗東・森秀行厩舎)が後方追走から直線で鋭く追い込み、2番人気ツルマルアイに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒3(良)。さらにハナ差の3着には1番人気スリープレスナイトが入った。

 勝ったウィンナワルツは、父アグネスタキオン、母ダンシングキイ(その父Nijinsky)という血統。半兄に96年の菊花賞(GI)馬ダンスインザダーク(父サンデーサイレンス)、半姉に95年オークス(GI)、96年エリザベス女王杯(GI)を制したダンスパートナー(父サンデーサイレンス)、04年桜花賞(GI)、06年ヴィクトリアマイル(GI)を制したダンスインザムード(父サンデーサイレンス)などがいる。同馬がダンシングキイの最後の仔で7頭目の勝ち上がりとなる。デビュー戦の前走は2番人気に推されるも15着に大敗していた。通算成績2戦1勝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ