10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/10/19

ディープインパクトから禁止薬物検出  

JRAは19日、1日の凱旋門賞(仏G1)で3着に敗れたディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)の理化学検査で、馬体から禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。フランスの競馬統括機関・フランスギャロから報告を受けたという。

 JRAによると、同薬物はJRAでは禁止対象になっておらず、今後は関係者による事情聴取が行われるほか、フランスギャロからの処分を待つという。場合によっては、凱旋門賞の成績が取り消される可能性もある。

−JRA高橋政行理事長のコメント
 この度、凱旋門賞に出走したディープインパクト号から禁止薬物が検出されたとの報告を受けました。

 同馬の出走に際しては、競馬ファンの皆様をはじめ、多くの方々から応援をいただいたにもかかわらず、世界最高峰のレースとして栄誉ある凱旋門賞に汚点を残す結果となり、誠に残念でなりません。

 今回の件はフランスで起きたものではありますが、JRAとしても、今後、国の内外を問わず出走馬関係者に対し、禁止薬物等に対する意識の向上を図るべく指導を徹底して参りたいと考えております。

0

2006/10/16

天皇賞・秋、ディープインパクトなど21頭が登録  

【優先出走馬】
コスモバルク(牡5、北海道・田部和則厩舎)

【出走決定順】
ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)
スイープトウショウ(牝5、栗東・鶴留明雄厩舎)
ダンスインザムード(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)
アドマイヤムーン(牡3、栗東・松田博資厩舎)
バランスオブゲーム(牡7、美浦・宗像義忠厩舎)
ダイワメジャー(牡5、美浦・上原博之厩舎)
ハットトリック(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)
ファストタテヤマ(牡7、栗東・安田伊佐夫厩舎)
カンパニー(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)
ローエングリン(牡7、美浦・伊藤正徳厩舎)
アサクサデンエン(牡7、美浦・河野通文厩舎)
スウィフトカレント(牡5、栗東・森秀行厩舎)
グレイトジャーニー(牡5、栗東・池江泰郎厩舎)
オースミグラスワン(牡4、栗東・安藤正敏厩舎)
トリリオンカット(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)
ローゼンクロイツ(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)
サクラメガワンダー(牡3、栗東・友道康夫厩舎)

【除外対象】
マルカシェンク(牡3、栗東・瀬戸口勉厩舎)
インティライミ(牡4、栗東・佐々木晶三厩舎)
ワンモアチャッター(牡6、栗東・友道康夫厩舎)

0

2006/10/16

菊花賞で特別限定レープロを配布  

菊花賞当日、全国の競馬場・パークウインズ・ウインズで、特別レーシングプログラムが配布される。

 このレーシングプログラムには、菊花賞の前哨戦を紹介する“RUN FOR THE GLORY”や、菊花賞を3勝している岡部幸雄氏による菊花賞解説などがカラーページで特集されるほか、京都競馬場では「2冠馬メイショウサムソンポスター」がついた特別限定版が配布される。

 なお、横手場外および地方競馬場では特別レーシングプログラムを配布されない。また、配布数には限りがあり、無くなり次第配布終了となる。
0

2006/10/15

秋華賞、騎手コメント  

1着 カワカミプリンセス(本田優騎手)
 この馬の力を信じて乗りました。4コーナー振られても、怯むことなく、いい根性を持ってると感じた。春に比べ、若干落ち着きも出て、気性面の成長もうかがえた。まだ未知のものを持った馬。今後も楽しみ。

2着 アサヒライジング(柴田善臣騎手)
 久々のせいか、返し馬まで気負っていた。しかし、レースはテンポよく走ってくれた。それにしても勝った馬は強い。

3着 フサイチパンドラ(福永祐一騎手)
 今日はこれまでで1番いいレース。いいフォームで走ってくれた。舌を縛った効果もある。

4着 アドマイヤキッス(武豊騎手)
 大人しすぎ、逆に休み明けぐらいの方がいいのかな。ローズSのような伸びがなく、オークスとまったく一緒だった。

5着 シェルズレイ(岩田康誠騎手)
 返し馬から怒っていたので、無理には行かなかったけど、結果的にはハナヘ行ったほうがよかったのかな。

6着 キストゥヘヴン(安藤勝己騎手)
 4コーナーまではよかったが、切れる脚が使えなかった。

7着 サンドリオン(秋山真一郎騎手)
 キャリアが浅いわりにはよく頑張っている。素質を感じた。

0

2006/10/15

カワカミプリンセスが無敗の2冠達成  

京都競馬場で行われた秋華賞(3歳牝、GI・芝2000m)は、ハイペースの中団を進んだ本田優騎手騎乗の2番人気カワカミプリンセス(牝3、栗東・西浦勝一厩舎)が、先に抜け出した5番人気アサヒライジングを1/2馬身差交わし優勝した。1.1/4馬身差の3着に4番人気フサイチパンドラ。勝ちタイムは1分58秒2(良)。1番人気アドマイヤキッスは末脚届かず1/2馬身差の4着まで。
0

2006/10/15

秋華賞前日オッズ  

【単勝上位10頭】
アドマイヤキッス 2.9
カワカミプリンセス 3.7
キストゥヘヴン 6.3
フサイチパンドラ 12.4
アサヒライジング 12.6
ブルーメンブラット 18.0
サンドリオン 18.9
ソリッドプラチナム 19.3
シェルズレイ 27.1
ニシノフジムスメ 31.3

馬連はアドマイヤキッス・カワカミプリンセスが4.8倍で1番人気。

馬単はアドマイヤキッス→カワカミプリンセスが9.1倍で1番人気。

3連複はキストゥヘヴン・アドマイヤキッス・カワカミプリンセスの組み合わせが11.4倍で1番人気。

3連単はアドマイヤキッス→カワカミプリンセス→キストゥヘヴンの組み合わせが36.8倍で1番人気。

0

2006/10/15

デイリー杯2歳S、オースミダイドウ3連勝  

京都競馬場で行われたデイリー杯2歳S(2歳、GII・芝1600m)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気オースミダイドウ(牡2、栗東・中尾正厩舎)が、中団待機から直線は馬群を割って差し切り。1/2馬身差の2着に内を突いた2番人気ローレルゲレイロ、さらにアタマ差の3着には5番人気マルカハンニバルが入った。勝ちタイムは1分34秒3(良)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ