10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/6/26

宝塚記念、騎手コメント  

1着 ディープインパクト(武豊騎手)
 フォームも乱れず、これぐらいの馬場も問題なかった。レース前のゲート裏まで余計な力を使わなくなり、成長がうかがえた。やはり特別な馬。大きな舞台で走りたがっているのではないか。それには凱旋門賞は絶好の舞台だね。

2着 ナリタセンチュリー(田島裕和騎手)
 一瞬夢を見たよ。悔しい。でも4馬身じゃ力の差だね。気持ちの上では今日の方が良かった。レースでもムキになることなく走っていたし、終いまで頑張った。あ〜悔しい!

3着 バランスオブゲーム(田中勝春騎手)
 頑張った。夢を見たよ。今日の馬場も味方したね。安田記念を目一杯走っていなかったので余力があったんだね。

4着 ダイワメジャー(上原博之調教師)
 距離の問題も無かったし、喉の状態も問題なかった。嫌な流れになったね。今後は、しばらく休ませてマイルCSを目標とする。

5着 カンパニー(福永祐一騎手)
 今日は外を回っても仕方が無いと思っていたので、思い切って内を突きました。勝った馬以外とは差が無く、よく頑張ったと思う。

8着 コスモバルク(五十嵐冬樹騎手)
 競馬場自体は、この馬には悪くないが、今日の馬場が合わなかった。4コーナーでは余力が無かった。

0

2006/6/26

ディープ、鮮やかに差し切る  

  京都競馬場で行われた宝塚記念(3歳上GI、芝2200m)は武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝110円)に支持されたディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)が、道中後方2番手を追走し4角で徐々に進出を開始すると、中団から追い込んだ10番人気ナリタセンチュリーに4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分13秒0(稍重)。さらに3/4馬身差の3着には9番人気バランスオブゲームが入った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ