10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/4/23

NHKマイルC、フサイチリシャールなど23頭が登録  

【優先出走馬】
マイネルスケルツィ(牡3、美浦・稲葉隆一厩舎)
ファイングレイン(牡3、栗東・長浜博之厩舎)
ロジック(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎)

【収得賞金順】
フサイチリシャール(牡3、栗東・松田国英厩舎)
ゴウゴウキリシマ(牡3、栗東・梅田康雄厩舎)
タガノバスティーユ(牡3、栗東・池添兼雄厩舎)
ステキシンスケクン(牡3、栗東・森秀行厩舎)
ディープエアー(牡3、栗東・池添兼雄厩舎)
エムエスワールド(牡3、栗東・湯窪幸雄厩舎)
セレスダイナミック(牡3、栗東・福永甲厩舎)
アドマイヤカリブ(牡3、美浦・小島太厩舎)
キンシャサノキセキ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)
モエレソーブラッズ(牡3、美浦・小島太厩舎)
ダイアモンドヘッド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)

【本賞金800万円】※抽選で4頭出走可能
アポロノサトリ(牡3、美浦・堀井雅広厩舎)
キープユアスマイル(牝3、美浦・高橋祥泰厩舎)
ドラゴンウェルズ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)
バルバロ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)
マルターズマッシブ(牡3、美浦・堀井雅広厩舎)
ヤマタケゴールデン(牡3、美浦・畠山重則厩舎)
ユウカージナル(牡3、栗東・松元茂樹厩舎)

【除外対象】
カヤドーノアール(牡3、美浦・根本康広厩舎)
モエレフィールド(牡3、美浦・中野栄治厩舎)
0

2006/4/23

アンタレスS、フィフティーワナーが逃げ切る  

京都競馬場で行われたアンタレスS(GIII、ダート1800m)は、武豊騎手騎乗の2番人気フィフティーワナー(セン4、栗東・安田隆行厩舎)がスタート直後から先手を奪うと、直線に入っても脚色は衰えず、1番人気ヒシアトラスに2.1/2馬身差をつけて逃げ切り、5連勝を飾った。勝ちタイムは1分49秒0(良)。さらにハナ差の3着には3番人気サカラートが入った。

0

2006/4/23

フローラS、伏兵ヤマトマリオンが混戦を制す  

東京競馬場で行われたフローラS(3歳牝、GII・芝2000m)は、菊沢隆徳騎手騎乗の10番人気ヤマトマリオン(牝3、栗東・安達昭夫厩舎)が道中は好位を追走、直線しぶとく伸びると、内で粘る8番人気ブロンコーネを1馬身差捕らえて優勝した。勝ちタイムは2分01秒7(良)。さらにアタマ差の3着には4番人気アクロスザヘイブンが入り、1番人気に支持されたテイエムプリキュアは7着に敗れた。なお、上位3頭にはオークス(GI)への優先出走権が与えられる。
0

2006/4/23

橘S、セレスダイナミックが豪快に差し切る  

京都競馬場で行われた橘S(3歳OP、芝1200m)は、和田竜二騎手騎乗の14番人気セレスダイナミック(牡3、栗東・福永甲厩舎)が道中後方追走から直線大外を豪快に追い込み、先に抜け出した圧倒的1番人気(単勝150円)ウインレジェンドを1/2馬身交わして優勝した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。さらに1馬身差の3着には4番人気ナンヨーノサガが入った。
0

2006/4/23

福島牝馬S、ロフティーエイムが差し切る  

福島牝馬S(4歳上牝、GIII・芝1800m)は、吉田隼人騎手騎乗の7番人気ロフティーエイム(牝4、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が道中好位追走から、直線は馬場の真ん中を伸びると、5番人気ライラプスをアタマ差交わして優勝した。勝ちタイムは1分48秒5(良)。さらにクビ差の3着には6番人気フィヨルドクルーズが入った。
0

2006/4/23

水芭蕉特別、ラブハート差し切り勝ち  

水芭蕉特別(3歳500万下、芝1200m)は、長谷川浩大騎手騎乗の5番人気ラブハート(牝3、栗東・中村均厩舎)が道中は中団を追走し、直線で鋭く追い込み、13番人気オリエンタルローズを1.1/4馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。さらにクビ差の3着には逃げた3番人気シルクゾディアックが入った。なお、鞍上の長谷川浩大騎手はJRA通算100勝を達成した。
0

2006/4/23

ムーニーバレーRC賞、エリモエクスパイア快勝  

ムーニーバレーRC賞(3歳500万下、芝2400m)は、佐藤哲三騎手騎乗の2番人気エリモエクスパイア(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)が、好位追走から、粘る1番人気タニノベリーニを3/4馬身交わして優勝した。勝ちタイムは2分30秒2(良)。さらにハナ差の3着には7番人気シホウネリが入った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ