10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/1/14

白梅賞、アマノトレンディーが接戦を制す  

14日、京都競馬場で行われた白梅賞(3歳500万下、芝1600m)は、秋山真一郎騎乗の5番人気アマノトレンディー(牡3、栗東・湯窪幸雄厩舎)が道中先団追走から直線入口で先頭に立つと、粘り込みを図る4番人気アスタートリッピーを1/2馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分37秒1(不良)。さらに1/2馬身差の3着には7番人気ソリッドプラチナムが入った。

 勝ったアマノトレンディーは、父クロコルージュ、母ホリノセレタ(その父ノーザンテースト)という血統。昨年のJRAブリーズアップセールにて2000万円で落札されていた。昨年10月の新馬戦で勝利を飾った後、続くあけび賞(2歳500万下)でファイングレインの2着と惜敗し、重賞初挑戦となった前走ラジオたんぱ杯2歳S(GIII)では、勝ったサクラメガワンダーから0.9秒離される6着と敗れていた。通算成績4戦2勝。

0

2006/1/14

レッドスプレンダー、人気に応える  

14日、中山競馬場で行われた6R・3歳500万下(芝1200m)は、大西直宏騎手騎乗の1番人気レッドスプレンダー(牡3、美浦・小島太厩舎)が中団追走から直線外を伸び、先に抜け出した10番人気バロンハーバーを1.1/4馬身交わして優勝した。勝ちタイムは1分09秒1(良)。さらに1/2馬身差の3着には4番人気マイネルスカットが入った。

 勝ったレッドスプレンダーは、父サクラバクシンオー、母ルビーベイビー(その父ハウスバスター)という血統。05年11月のデビュー戦(福島・芝1200m)を勝利で飾り、前走の2歳500万下(東京・芝1400m)はアポロノサトリ(牡3、美浦・堀井雅広厩舎)の3着だった。通算成績3戦2勝。
0

2006/1/14

キンカメ第1子誕生! 母はチリ2歳女王  

04年NHKマイルC、ダービーのG1・2勝を挙げ、国内最高の総額21億円のシンジケートが組まれたキングカメハメハ(牡5)の初産駒となる牝馬(母エスカニア)が2日、北海道門別町の下河辺牧場で誕生していたことが分かった。
クリックすると元のサイズで表示します
4日には同白老町の白老ファームで03年皐月賞、ダービーの2冠馬ネオユニヴァース(牡6)の第1子となる牡馬(母ウェスタースケルド)も誕生。ターフで顔を合わせることなく種牡馬入りしたダービー馬の2世対決は、08年夏にも行われる。
 牧場創設70年目で初のG1馬に輝いた3冠牝馬スティルインラブ。その繁殖入りに胸を膨らませる名門牧場が、二重の喜びに包まれている。後に同馬に種付けする予定のカメハメハだが、第1子の母はチリの2歳牝馬チャンピオンのエスカニア。カメハメハと同じ鹿毛で、筋肉質の母とは違ってスラリとした父親似だ。今月2日に予定よりも6日早く誕生し、同牧場の下河辺俊行代表の声は弾んでいる。「天気がいい日はすでに放牧に出しています。非常に線のきれいな馬。母の全妹もチリの2歳女王になっているし期待大です」。
0

2006/1/14

シルクプレシャスが圧勝で新馬勝ち  

14日、中山競馬場で行われた5R・3歳新馬(牝、ダート1800m)は、後藤浩輝騎手騎乗の6番人気シルクプレシャス(牝3、美浦・勢司和浩厩舎)が、道中好位追走から直線早めに抜け出すと、後方から伸びた3番人気シャドウビーチに5馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分56秒9(良)。さらにハナ差の3着には1番人気マチカネアオイが入った。
0

2006/1/14

アドマイヤダーリン、差し切ってデビュー勝ち  

14日、京都競馬場で行われた4R・3歳新馬(芝1400m)は、安藤勝己騎手騎乗の3番人気アドマイヤダーリン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が中団追走から直線外を伸び、11番人気トップヒーローをクビ差交わして優勝した。勝ちタイムは1分26秒8(稍重)。さらに1.3/4馬身差の3着には2番人気ゴッドスマイルユーが入った。

 勝ったアドマイヤダーリンは、父サンデーサイレンス、母は97年英オークス(英G1)2着のガゼルロワイヤル(その父Garde Royale)という血統。全姉にJRA・3勝のエルダンジュがいる。03年セレクトセールにて8500万円で落札されていた。
0

2006/1/14

メガスターダム半弟、インスパイアが差し切り勝ち  

14日、京都競馬場で行われた2R・3歳未勝利(ダート1800m)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気インスパイア(牡3、栗東・安田隆行厩舎)が道中は中団の後ろを追走、直線は外を伸びて優勝。勝ちタイムは1分51秒7(稍重)。父スキャターザゴールド、母フミノスキー(その父マルゼンスキー)という血統。半兄に01年ラジオたんぱ杯2歳S、05年トヨタ賞中京記念(共にGIII)を制したメガスターダム(父ニホンピロウイナー)、半姉に98年函館3歳Sと99年クイーンS(共にGIII)で3着だったマイネレジーナ(父サンデーサイレンス)がいる。通算成績2戦1勝。

 中山1R・3歳未勝利(ダート1200m)は、吉田豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝190円)マシーン(牡3、美浦・大久保洋吉厩舎)が道中3番手追走から、ゴール直前でヤマテプログレスをハナ差交わして優勝。勝ちタイムは1分14秒0(良)。父サクラバクシンオー、母はJRA・3勝のバラードシンガー(その父ノーアテンション)という血統。叔父に95年京都4歳特別(GIII)優勝のイブキインターハイがいる。03年セレクトセールにて1250万円で落札されていた。通算成績4戦1勝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ