10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/12/15

タキオン全弟、アグネスサージャンらがデビュー  

17日の阪神6R・2歳新馬(芝2000m)で、アグネスタキオン(01年皐月賞-GI)、アグネスフライト(00年日本ダービー-GI)の全弟となるアグネスサージャン (牡2、栗東・藤岡健一厩舎、父サンデーサイレンス)がデビュー戦を迎える。レースでは四位洋文騎手が騎乗する。

 同馬は、父サンデーサイレンス、母は90年桜花賞(GI)の勝ち馬アグネスフローラ(その父ロイヤルスキー)という血統。全兄に無傷の4連勝で01年皐月賞に優勝し、新種牡馬として活躍中のアグネスタキオン、00年日本ダービーをハナ差で制したアグネスフライトがいる。本馬は03年4月25日生まれで、現2歳世代がラストクロップとなるサンデーサイレンス産駒の中でも最も遅くに生まれた“最後の産駒”。昨年の第5回阪神第3週の新馬戦(芝2000m)優勝馬はディープインパクトで、大物がデビューするといわれるこの新馬戦は、いやが上にも注目が集まる。

 阪神6R・2歳新馬は13頭立てで行われ、注目はFantastic Light産駒のナイアガラ (牡2、栗東・池江泰郎厩舎)。03年セレクトセールにて6200万円で落札された馬で、母レーヴドスカーはサンタラリ賞(仏G1)の勝ち馬という血統。他にも、半兄にムッシュシェクル(94年阪神大賞典-GIIなど重賞3勝)、シクレノンシェリフ(93年毎日杯-GIII)がおり、セレクトセールで2500万円の値がついたテイエムハーン(牡2、栗東・新川恵厩舎、父ダンスインザダーク)、産駒が好調なアグネスタキオン産駒アグネスダリア(牡2、栗東・長浜博之厩舎)などが出走する予定。

 また、18日の阪神5R・2歳新馬(芝1400m、16頭立て)には、全姉にトゥザヴィクトリー(01年エリザベス女王杯-GIなど重賞4勝)、全兄にサイレントディール(03年シンザン記念-GIIIなど)がいるギーニョ(牝2、栗東・池江泰郎厩舎、父サンデーサイレンス)、母がマイルCS(GI)など重賞6勝を挙げたシンコウラブリイで、近親に活躍馬が多数いるロードアルファード(牡2、栗東・山内研二厩舎、父エルコンドルパサー)や、母は91年エリザベス女王杯(GI)の覇者リンデンリリーで、半姉にヤマカツリリー(03年フィリーズレビュー-GII)がいるハナイチリン(牝2、栗東・飯田雄三厩舎、父ボストンハーバー)などがデビュー予定。こちらも注目を集める1戦となりそうだ。

0

2005/12/15

エイシンチャンプ、地方に移籍  

15日、02年朝日杯フューチュリティS(GI)を制したエイシンチャンプ (牡5、栗東・瀬戸口勉厩舎)が、明日16日付でJRA競走馬登録を抹消されることになった。今後は地方競馬へ移籍する予定。

 エイシンチャンプは、父ミシエロ、母エイシンミシガン(その父Manila)という血統。02年6月にデビューし、3戦目に初勝利。ききょうS(OP)、デイリー杯2歳S(GII)を共に4着、萩S(OP)、黄菊賞(500万下)を共に2着とし、続く京都2歳S(OP)では、後の菊花賞馬ザッツザプレンティに競り勝ち2勝目を挙げた。そして迎えた9戦目、 朝日杯フューチュリティS(GI)は、8番人気の低評価ながらサクラプレジデントをクビ差退け優勝。JRA最優秀2歳牡馬に輝いた。年明け初戦となった03年弥生賞(GII)は、4頭がタイム差なしで並ぶ大接戦をハナ差抜け出し快勝。皐月賞(GI)では同厩舎の1番人気ネオユニヴァースに0.6秒差の3着に敗れた。続く日本ダービー(GI)は10着に敗れるなど、以降は精彩を欠き、04年鳴尾記念、05年小倉大賞典(共にGIII)で3着に入ったほかは、目立った成績は残せなかった。今月11日の鳴尾記念(GIII)でも見せ場なく11着と大敗し、03年弥生賞を最後に勝ち星から遠ざかっていた。通算成績34戦4勝(重賞2勝)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ