10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/12/14

インパクト14日に1週前追い〜有馬記念  

無敗4冠を目指すディープインパクト(牡3=池江郎)は大一番に備えて14日、1週前追い切りをかける。13日は坂路とDWコースで軽めの調教メニュー。全休日明けとあって、やんちゃな面を見せるなど元気いっぱいだ。「いい感じです。かなり寒くなってきたので、スッと筋肉がほぐれるように気温が上がる遅い時間帯(9時以降)で調教しています。今のところは言うことないね」と池江助手は笑みを浮かべていた。

 ≪ハーツクライも14日に≫ジャパンCで鼻差2着に惜敗したハーツクライ(牡4=橋口)も14日に1週前追い切りを行う。「反動は全くない。見た目に使い減りしていないもの。体調には自信を持っている。心配なのはコース替わりだけ」と橋口師。1週前追いについても「単走でいい。今の雰囲気なら併せると時計が出過ぎてしまうから」と、仕上がりの良さを強調していた。
0

2005/12/14

ナイトレセプションが骨折  

 3日に中山競馬場で行われた葉牡丹賞(2歳500万下、芝2000m)を2歳レコードで快勝したナイトレセプション(牡2、美浦・後藤由之厩舎)が左中間手根骨を骨折したことがわかった。全治には約3ヶ月間の加療期間を必要とする見込み。

 同馬は、父エルコンドルパサー、母はJRA・5勝を挙げたミッドナイトボイス(その父ニホンピロウイナー)という血統。05年7月にデビューし、2戦目(札幌・芝1500m)で初勝利。続く札幌2歳S(GIII)は勝ったアドマイヤムーン(牡2、栗東・松田博資厩舎)から0.4秒差の4着と好走。前走・葉牡丹賞(中山・芝2000m)をレコードで快勝し、2勝目を飾っていた。通算成績4戦2勝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ