10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/12/13

コスモバルク、五十嵐冬樹騎手とのコンビ復活  

25日に中山競馬場で行われる有馬記念(GI)に出走を予定しているコスモバルク(牡4、北海道・田部和則厩舎)の鞍上に、五十嵐冬樹騎手(30、北海道・桑原義光厩舎)を迎えることが分かった。同騎手とコスモバルクのコンビは04年有馬記念以来1年ぶりとなる。

 五十嵐冬樹騎手とコスモバルクは、中央初挑戦となった03年百日草特別(2歳500万下)からコンビを組み、ラジオたんぱ杯2歳S(GIII)、04年弥生賞(GII)、北海優駿(旭川・ダート2100m)、セントライト記念(GII)と重賞4勝(JRA重賞3勝)を挙げる活躍を見せたが、皐月賞・2着、日本ダービー・8着、菊花賞・4着(全てGI)と敗れ、悲願のクラシック制覇は成し遂げられなかった。ルメール騎手に乗り替わったジャパンC(GI)は2着と好走し、再び五十嵐騎手とのコンビで臨んだ有馬記念は11着に敗退し、同馬とのコンビは解消してしまう。

 今春は、道営所属の千葉津代士騎手が主戦を務め、日経賞(GII)6着、香港チャンピオンズマイル(香G1)10着、宝塚記念(GI)12着と敗退。秋は安藤勝己騎手とのコンビで毎日王冠(GII)に出走し11着、M.デムーロ騎手からD.ボニヤ騎手に乗り替わったジャパンC(GI)では14着と精彩を欠いている。通算成績19戦7勝(重賞4勝、JRA13戦4勝、地方5戦3勝、海外1戦0勝)。五十嵐騎手とのコンビは9戦5勝となっている。
0

2005/12/13

スティルインラブ、引退式は1月7日  

11月初旬に現役引退を表明していたスティルインラブ(牝5)の引退式が、京都競馬場で06年1月7日の昼休みに行われることになった。詳細は以下の通り。

◆日時 06年1月7日(土)

◆場所 京都競馬場
・パドック
・本馬場
・ウィナーズサークル

※当日は(有)ノースヒルズマネジメントより引退記念キャップ(幸騎手サイン入り)のプレゼント(500名様)も行われる予定。

 スティルインラブは父サンデーサイレンス、母ブラダマンテという血統で、半兄に96年ラジオたんぱ賞(GIII)を制したビッグバイアモン(父バイアモン)がいる。03年の牝馬3冠(桜花賞、オークス、秋華賞-共にGI)で86年メジロラモーヌ以来17年ぶりとなる牝馬3冠を達成、同年の最優秀3歳牝馬に輝いている。4歳以降は低迷が続いており、11月初旬に現役引退が発表されていた。通算成績16戦5勝(GI・3勝)。

 今後は、生まれ故郷の門別・下河辺牧場で繁殖入りする。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ