10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/28

こだわりデータ室(05年)天皇賞・秋  

古馬の一線級が集まる天皇賞・秋の注目馬を、過去10年のデータから探った。出走予定馬18頭を6項目(臨戦過程、キャリア、好走確率、距離実績、コース実績、重賞実績)で徹底チェック。各馬が不安を抱える混戦の中から、前哨戦・毎日王冠の優勝馬サンライズペガサスが一歩抜け出した。

 G1馬が8頭も出走する好メンバーがそろったが、6項目すべてを○以上でクリアした馬は…皆無。18頭中15頭が×を持っている大混戦。4項目で◎を獲得した昨年の覇者ゼンノロブロイも、英G1インターナショナルS(2着)以来となる臨戦過程で痛恨の×がついた。海外遠征帰りは03年仏ムーラン・ド・ロンシャン賞2着から参戦したローエングリンが、2番人気に支持されながら13着に惨敗。前例の少ない臨戦過程だが、実績がないだけにデータからは中心に推すことはできない。

 そこで、×が1つもなかった3頭の中から最も好成績(○4つ、△2つ)を収めたサンライズペガサスが中心。減点となった2項目だが、○に近い内容。2度の長期休養を余儀なくされた同馬は、並の7歳馬より出走回数が少なく、消耗度は小さいはず。好走確率も、連対率がわずか2%足りなかっただけだ。

 相手筆頭も、×が1つもなかったスズカマンボとホオキパウェーブ。前者は天皇賞・春以来5カ月半余ぶりとなる実戦を、いかに克服するかが鍵を握る。後者は、実績のない芝2000メートルへの対応がポイントになりそうだ。ただ、3頭とも強調材料の◎が1つもなく、連単1着固定の軸に据えるほどの信頼感はない。連複の軸にして好配当を狙うのがベストだろう。臨戦過程以外では、スキのないゼンノロブロイ、×1つも◎を持っているタップダンスシチー、リンカーンの3頭も押さえる必要がある。
0

2005/10/28

香港国際競走、デュランダルなど3頭が選出  

12月11日(日)、香・シャティン競馬場で行われる香港国際各競走の招待馬に、日本馬3頭が選出された。

 香港マイル(香G1・芝1600m)では、昨年のこのレースで5着、前走のスプリンターズS(GI)で2着だったデュランダル(牡6、栗東・坂口正大厩舎)、今年の安田記念でGI初制覇を決めたアサクサデンエン(牡6、美浦・河野通文厩舎)が選出。香港スプリント(香G1・芝1000m)には、今年の高松宮記念を制したアドマイヤマックス(牡6、栗東・橋田満厩舎)が選出された。なお、アサクサデンエンの関係者は招待を受諾する見込み。
0

2005/10/28

天皇賞・秋前々日オッズ、ゼンノロブロイ2.8倍  

28日、30日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(GI・芝2000m)の前々日オッズ(19時現在)が発表された。

 単勝オッズは、昨年のこのレースの覇者で、前走の英インターナショナル(英G1)で2着に入ったゼンノロブロイが2.8倍、宝塚記念(GI)2着からGI制覇へ挑むハーツクライが5.3倍、その宝塚記念で牡馬を一蹴、GI・2勝目を挙げたスイープトウショウが7.4倍で続き、ここまでが10倍を切るオッズとなっている。

 馬連はハーツクライ・ゼンノロブロイが7.8倍、馬単はゼンノロブロイ→ハーツクライが11.1倍、3連複はリンカーン・ハーツクライ・ゼンノロブロイの組み合わせが10.7倍、3連単はゼンノロブロイ→ハーツクライ→リンカーンの組み合わせが33.3倍でそれぞれ1番人気となっている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ