10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/10

菊花賞、ディープインパクトなど19頭が登録  

2日、10月23日に京都競馬場で行われる菊花賞(GI・芝3000m)の登録馬が発表された。フルゲート18頭に対し、19頭が登録した。
( )内は性齢、所属・調教師
【優先出走馬】
・ディープインパクト(牡3、栗東・池江泰郎)
・シックスセンス(牡3、栗東・長浜博之)
・ローゼンクロイツ(牡3、栗東・橋口弘次郎)
・ピサノパテック(牡3、美浦・藤沢和雄)

【収得賞金順】
アドマイヤジャパン(牡3、栗東・松田博資)
コンラッド(牡3、美浦・手塚貴久)
フサイチアウステル(牡3、栗東・池江泰寿)
マルブツライト(牡3、栗東・大久保正陽)
ヤマトスプリンター(牡3、栗東・安達昭夫)
アドマイヤフジ(牡3、栗東・橋田満)
アップドラフト(牡3、栗東・安田隆行)

【本賞金800万】※抽選で6頭出走可能
エイシンサリヴァン(牡3、美浦・大久保洋吉)
シャドウゲイト(牡3、美浦・加藤征弘)
シルクタイガー(牡3、栗東・昆貢)
ゼンスピリッツ(牡3、栗東・伊藤雄二)
ディーエスハリアー(牡3、美浦・柴田政人)
マルカジーク(牡3、栗東・北橋修二)
ミツワスカイハイ(牡3、栗東・佐山優)
レットバトラー(牡3、栗東・瀬戸口勉)
0

2005/10/10

京都大賞典、リンカーンが1年7ヶ月ぶりの勝利  

9日、京都競馬場で行われた京都大賞典(GII・芝2400m)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝170円)リンカーン(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が、好位追走から徐々に進出し、直線で2番手追走から先に抜け出した9番人気コイントスを1/2馬身捕らえて快勝した。勝ちタイムは2分25秒4(良)。さらに3馬身差の3着には6番人気ファストタテヤマが入った。

0

2005/10/10

7歳馬サンライズペガサスが押し切る  

9日、東京競馬場で行われた毎日王冠(3歳上、GII・芝1800m)は、後藤浩輝騎手騎乗の9番人気サンライズペガサス(牡7、栗東・石坂正厩舎)が、好位追走から直線で早めに先頭に立つと後方から脚を伸ばした6番人気テレグノシスに1.3/4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分46秒5(稍重)。さらに1馬身差の3着には13番人気ケイアイガードが入った。
0

2005/10/10

良血キャプテンベガ、敗れる  

9日、京都競馬場で行われた6R・2歳新馬(芝1800m)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気オースミタキオン(牡2、栗東・南井克巳厩舎)が、中団追走から直線で先に抜け出すと後方から迫った2番人気テンシノゴールドの追撃をハナ差凌いで優勝した。勝ちタイムは1分53秒0(良)。さらに3/4馬身差の3着には6番人気アペリティフが入り、93年の2冠牝馬ベガ(桜花賞、オークス-GI)の仔で、1番人気に推されたキャプテンベガは4着に敗れた。
 勝ったオースミタキオンは、父アグネスタキオン、母サムソンレッド(その父Caerleon)という血統。アグネスタキオン産駒は、8日(土)にマイネルメロス(牡2、美浦・堀井雅広厩舎)、ロジック(牡2、栗東・橋口弘次郎厩舎)が勝ち上がっており、土日を通して3勝目。JRA現2歳世代では16頭目の勝ち上がりとなった。
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ