10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/27

ハーツ強気! 過去最高の状態/天皇賞  

充実の秋を迎えたハーツクライ(牡4、栗東・橋口)が本格化した。ダービー、宝塚記念とG1では2度の2着に泣いたが、夏を越して馬体が成長。先週の菊花賞では白旗を揚げていた橋口弘次郎師(60)も一転、並み居るG1馬8頭を相手に自信満々に送り出す。
 ハーツクライの立ち姿を眺めた橋口師の口元が緩んだ。「全体的にたくましくなった。皮膚もいい。体調は今までで最高。一番頼もしい体で走れる」と限りなく理想に近づいた馬体に見入った。首差しから肩、胸前、トモとつくべきところが筋肉のよろいで覆われ、腹袋もどっしりとした。細身だったボディーがひと夏越して見違えるように成長した。サラブレッドの充実期は4歳秋。また走る馬は3度変わるとも言われる。名門厩舎の良血馬は、格言通りの変身を遂げた。昨年の有馬記念で472キロまで減った馬体が、今は500キロを超える。「自信を持って送り出せる」とトレーナーも力が入る。
0

2005/10/25

女帝!?  

平成13年12月1日御誕生になった内親王殿下は,御名を愛子(あいこ)と命ぜられ,敬宮(としのみや)と称されます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/23

天皇賞・秋26頭が登録  

・ゼンノロブロイ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)
・タップダンスシチー(牡8、栗東・佐々木晶三厩舎)
・スイープトウショウ(牝4、栗東・鶴留明雄厩舎)
・アサクサデンエン(牡6、美浦・河野通文厩舎)
・アドマイヤグルーヴ(牝5、栗東・橋田満厩舎)
・サンライズペガサス(牡7、栗東・石坂正厩舎)
・スズカマンボ(牡4、栗東・橋田満厩舎)
・ヘヴンリーロマンス(牝5、栗東・山本正司厩舎)
・メイショウカイドウ(牡6、栗東・坂口正大厩舎)
・バランスオブゲーム(牡6、美浦・宗像義忠厩舎)
・ダンスインザムード(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)
・リンカーン(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)
・テレグノシス(牡6、栗東・杉浦宏昭厩舎)
・ハーツクライ(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)
・ストーミーカフェ(牡3、美浦・小島太厩舎)
・ハットトリック(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)
・ホオキパウェーブ(牡4、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)
・キングストレイル(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)

【除外対象】
・ダイワメジャー(牡4、美浦・上原博之厩舎)
・ワンモアチャッター(牡5、栗東・友道康夫厩舎)
・コイントス(牡7、美浦・藤沢和雄厩舎)
・ダンツジャッジ(牡6、栗東・山内研二厩舎)
・カンパニー(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)
・ケイアイガード(牡4、栗東・古川平厩舎)
・ハイアーゲーム(牡4、美浦・大久保洋吉厩舎)
・メジロマントル(牡8、美浦・大久保洋吉厩舎)
0

2005/10/23

菊花賞全着順、払戻金  

23日、京都競馬場で行われた菊花賞(3歳、GI・芝3000m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 ディープインパクト 3:04.6
2 アドマイヤジャパン 2
3 ローゼンクロイツ 4
4 シックスセンス 1/2
5 フサイチアウステル 2
6 アドマイヤフジ 5
7 コンラッド 2.1/2
8 マルブツライト ハナ
9 エイシンサリヴァン 3/4
10 ミツワスカイハイ クビ
11 ピサノパテック 1.1/2
12 ヤマトスプリンター 1/2
13 マルカジーク 5
14 ディーエスハリアー 3.1/2
15 シャドウゲイト 2.1/2
16 レットバトラー 1

単勝
7 100円
複勝
7 100円
6 400円
4 190円
枠連
3-4 410円
馬連
6-7 1,290円
ワイド
6-7 620円
4-7 230円
4-6 1,720円
馬単
7-6 1,320円
3連複
4-6-7 2,730円
3連単
7-6-4 7,090円
0

2005/10/23

かえで賞、テイエムプリキュアが制す  

 23日、京都競馬場で行われたかえで賞(2歳500万下・芝1400m)は、熊沢重文騎手騎乗の5番人気テイエムプリキュア(牝2、栗東・五十嵐忠男厩舎)が、道中2番手追走から直線抜け出し、中団から追い上げた4番人気ナイスヴァレーに3/4馬身の差をつけ優勝した。勝ちタイム1分22秒6(良)。さらに1/2馬身離れた3着には1番人気ユウカージナルが入った。

 勝ったテイエムプリキュアは、父パラダイスクリーク、母フェリアード(その父ステートリードン)という血統。伯父には99年フェブラリーS(GI)2着、98、99年武蔵野S(GIII)など重賞4勝を挙げたエムアイブラン(父ブライアンズタイム)がいる。
0

2005/10/23

ハネダテンシ、圧倒的人気に応えて新馬勝ち  

23日、東京競馬場で行われた5R・2歳新馬(芝1800m)は、後藤浩輝騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝160円)ハネダテンシ(牝2、美浦・秋山雅一厩舎)が、中団追走から徐々に進出し、直線で後方から脚を伸ばした4番人気アポロキングダムに1.1/2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。さらにクビ差の3着には5番人気ニシノキリフダが入った。

 勝ったハネダテンシは、父フジキセキ、母ブルーサヴァンナ(その父シンボリルドルフ)という血統。半兄に05年函館記念(GIII)2着のブルートルネード(牡4、栗東・池添兼雄厩舎)、伯母には97年日経新春杯(GII)など重賞2勝を挙げたメジロランバダ(父テリオス)がいる。
0

2005/10/23

ダイワエルシエーロ半弟、ビッグカポネが初勝利  

23日、京都競馬場で行われた2R・2歳未勝利(芝1600m)は、上村洋行騎手騎乗の2番人気ビッグカポネ(牡2、栗東・中尾正厩舎)が好位追走から直線伸び、先に抜け出した6番人気シェルズレイをゴール寸前で3/4馬身捕らえ優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。さらにクビ差の3着には1番人気ホーマンアラシが入った。

 勝ったビッグカポネは、父ブライアンズタイム、母が97年ファンタジーS(GIII)を制し、98年桜花賞(GI)で2着に入ったロンドンブリッジ(その父ドクターデヴィアス)という血統。半姉に04年オークス(GI)や今年のマーメイドS(GIII)など重賞4勝を挙げているダイワエルシエーロ(牝4、栗東・松田国英厩舎、父サンデーサイレンス)、全兄に今年のアーリントンC(GIII)を制したビッグプラネット(牡3、栗東・南井克巳厩舎)がいる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ