10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/8/18

衰えないライトオ/アイビスSD  

 ライトオ連覇だ!  昨年のスプリンターズSの覇者で、アイビスSD(G3、直線芝1000メートル、21日=新潟)で3勝目を狙うカルストンライトオ(牡7、栗東・大根田)が栗東Cウッドコースでラスト11秒3をマーク。高松宮記念(4着)以来の実戦になるが好仕上がりを披露した。59キロを背負うとはいえ、メンバー的には負けられないレースだ。
 02、04年にこのレースを制している直線競馬の鬼カルストンライトオの最終リハーサルは、Cウッドコースで単走で行われた。ゆったりとスタートを切り、スムーズにコーナーを回る。直線で軽く気合をつけられると、シャープに反応する。ゴール前であん上のムチが抜かれたが、使われずラスト1ハロン11秒3と極上の動きを披露した。ゴール板をすぎても減速するのに一苦労といった感だった。「順調にきた。ステッキを入れなかったのは反応が良かったからだろう。むちゃくちゃ仕上げているわけではないが、これだけやれれば十分」。大根田師が合格点を与えた。
 7月上旬に帰厩。中間はCウッドを2周するなど息をつくりつつ、入念に乗り込まれた。馬体重は「500キロを切るぐらい」(同師)と太め感はない。腹回りがボテッと見えるのは体形的なものだ。創設5年目のアイビスSDで狙うは史上5頭目(サラブレッドの平地重賞では3頭目)の同一重賞3勝目だ。達成すれば今年のタップダンスシチー(金鯱賞)以来となる。
 ライトオが02年にマークした53秒7は日本レコード。この時は2ハロン目に9秒8、4ハロン目に9秒6という音速のラップを計時した。「年齢的な衰えはない。7歳にしてまだ成長している感じ」(同師)。ライバルはいない。直行するスプリンターズS連覇へ向け、アイビス3勝目は既定路線だ。
0

2005/8/18

マーチ手応え36秒/札幌記念  

重賞連勝を狙うスズノマーチは、札幌芝コースで同じく札幌記念出走のコイントスと3歳500万のエアサバスを追走した。道中のゆったりしたペースにも掛かることなく、直線入り口ではスッと2頭の内に入った。手応え十分のままハナ面を並べると、最後はぴったり3頭併入でフィニッシュ。6ハロン79秒5、上がり36秒0−11秒9(馬なり)をマークした。「まじめな馬で今日も一生懸命走っていた。追いかけたけど終始手応えあったし、最後まで伸びていた」と北村宏騎手は笑みを浮かべる。
 前走エプソムCは最内をつく技ありの競馬で重賞初勝利を挙げた。以前は決め手不足で勝ち切れないレースが続いたが、今年に入ってからは瞬発力勝負にも対応できるよう成長した。「決まった型のない馬だし、流れに合わせた競馬をしたい」と北村宏。弥生賞2着で将来を期待されてからの足踏み期間は長かったが、本格化した今ならG2も決して壁にはならない。
0

2005/8/18

ロブロイ「誇り」の銀だ  

インターナショナルS(英G1、芝2080メートル=ヨーク)で2着に敗れたゼンノロブロイ(牡5、藤沢和)は、滞在先のニューマーケットで激戦の疲れを癒やした。勝ち馬とは首差の大接戦。タイトル奪取はならなかったが、感動を与えた走りを現地メディアも大きく取り上げた。2年連続の秋G1・3連勝(天皇賞・秋、JC、有馬記念)を目指し、22日に帰国する。
 ゼンノロブロイは厩舎周りの引き運動で激戦の疲れを癒やした。レース後、前日夜にニューマーケットに帰厩。競馬場にいた時とは別馬のようなリラックスムードが漂っている。「元気ですよ」。気配を確認した多田レーシングマネジャーは言った。
 勝ったイタリアのエレクトロキューショニストとは首差の大激戦だった。1度は先頭に立っただけに陣営の悔しさも並ではない。「やはり結果がすべてだからね。2着では正直、達成感はない。まあ、レースまでについては達成感があったけど…」。多田氏の言葉は飾りのない本音だろう。
 それでも感動の走りを見せたロブロイにはねぎらいの言葉をかける。「ちょっと運がなかった。かわいそうだね。でも、誇りに思いますよ」。1面でレースを取り上げたレーシングポスト紙を手に取りしみじみと振り返った。
 陣営にとってうれしい知らせもあった。もっともよく仕上がって見えた馬に与えられる「ベストターンドアウト賞」がスポンサーから贈られた。「馬が一番よく見えたということはうれしいね。川越さん(調教厩務員)のおかげ。ぜひ記事にしてください」。このときばかりは多田氏の表情から白い歯がこぼれた。
 この後は数日間ニューマーケットに滞在し、21日に日本に向けて出発する。日本到着は翌22日。愛チャンピオンSには向かわず、2年連続の秋G1・3連勝を目指す。「大目標の秋3連勝をするためにはどうしたらいいのか。オーナーと先生が相談して帰国を決めた。昨日は知らない人からも『チャンピオンSに使え』って言われたけどね」(多田氏)。秋には未対戦の3歳馬との対決が待っている。今度は日本のファンの前で感動の走りを披露する番だ。
0

2005/8/18

ライトオ堅い本命!  

 新潟11RアイビスSDは同一重賞3勝目を目指すカルストンライトオが本命です。昨秋のG1スプリンターズSを4馬身差で圧勝したように、ここでは実績が断然抜けています。今年は未勝利ながらも59キロを背負った阪急杯を2着しており、力の衰えはありません。このレースを目標に万全の出来にあり、堅い本命とみます。
 対抗には直線競馬は2戦2勝のカフェボストニアンを抜てきします。久々でも鉄砲の利くタイプで初戦から好レースが望めます。同厩舎のウェディングバレーもここ2戦は直線競馬で好走しており、上位食い込みが可能です。前走は58キロが響いたスピニングノアールも56キロなら巻き返しがありそうです。他ではスプリングクレタ、テイエムチュラサンが連下に狙えます。馬単(1)=(11)、(1)=(10)、(1)(12)、(1)(5)、(1)(7)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ