10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/6/17

ゼンノロブロイ 王者の走りだ  

昨年の年度代表馬ゼンノロブロイが「宝塚記念・G1」(6月26日・阪神)1週前追い切りで早くも復帰戦への態勢を整えた。芝コースの3頭併せで実戦並みの好タイム。有馬記念以来、半年以上のブランクは豊富な調教量でカバーできそうだ。有馬記念のリベンジに燃えるのは、タップダンスシチー。金鯱賞制覇から向かうローテーションは昨年同様の“勝利の方程式”だ。攻め快走で、8歳馬の常識を覆すVへ、また一歩近づいた。
 闘争心も躍動感も取り戻した。美浦の芝コースに出たゼンノロブロイは、ストームファング(4歳500万下)とバントライン(5歳500万下)を追いかけた。2馬身ほどの差を4角で外から詰めると、並んだままフィニッシュ。黒く、しなやかな馬体は、週を追うごとに研ぎ澄まされてきた。5F61秒2―12秒5。タイムも王者のそれだ。
 「だいぶ目覚めてきた。先週ケント(デザーモ)にしっかりやられたからね。それまではとぼけた感じもあったけど、まじめに走るようになった」。騎乗した鹿戸はそう評価した。
 昨秋は独壇場だった。天皇賞で初のG1制覇を達成すると、その勢いでJC、有馬記念も奪取。00年のテイエムオペラオーに続く史上2頭目の秋G13連勝を成し遂げた。特に有馬記念は2分29秒5(芝二千五百メートル)のスーパーレコード。最強馬の座を不動にした。
 力は抜けている。今回のカギは久々の仕上がりだけだ。この時季は気温、湿度ともに高く、調教量をあまり増やすと疲れが残る可能性もある。微妙なサジ加減が要求されるが、5月13日から強弱10本以上の時計をマーク。実に濃密な時を過ごしている。
 「実戦を使っていないことは意識してやっている。涼しいのもあっていい感じに仕上がっているね。だがこれからまた暑くなるだろうし、来週は輸送もある。もうそんなに速い時計は出さなくていいでしょう」と藤沢和師はうなずいた。
 妥協も誤算もない。「今年はさらに注目されるだろうし、期待している」。仁川から英国に続く道を、この夏は走り抜く。
0

2005/6/17

タップダンスシチー 抜群ラスト  

「宝塚記念・G1」(6月26日・阪神)1週前追い切り。いつものように坂路で脚ならしをしたあと、CWで1週前の調整をしたタップダンスシチー。スムーズにギアチェンジすると、追われてからの反応も鋭く、抜群の動きだ。時計も6F78秒3―64秒5―51秒5―38秒2―11秒8と上々だったが、またがった堀助手は苦笑いで馬上から下りた。
 「イライラして機嫌が悪くなったから、テンに少し掛かった」。ハロー掛けの時間が合わずに坂路入りするまで20分ほど待たされたことが、その要因だという。それでも「掛かった分どうかなと思ったけど、予想以上に伸びた」と手綱越しに伝わった上質の性能に、十分な感触を得たようだ。
 見届けた佐々木晶師も「気合乗り、息遣いともにいい。太い時は3F過ぎあたりで手前を変えるが、今日は直線で変えていたから」と終始、笑顔だ。
 8歳までその成長を見てきただけあって、好不調時の違いを細部にわたり、把握している。有馬記念↓休養↓金鯱賞↓宝塚記念のローテーションは昨年と全く同じ。「昨年よりもいいぐらい。今年がピークじゃないかな」とトレーナーも上昇カーブを描く8歳馬に驚きを隠せない。昨年の有馬記念のリベンジを果たす時が刻一刻と近づいてきた。
0

2005/6/17

2冠馬シーチャリオット骨折していた  

東京ダービーで2冠に輝いた地方の雄シーチャリオット(牡3、船橋・川島)が、左トウ骨遠位端をはく離骨折していたことが16日分かった。レース翌日の9日、左前脚の歩様に異常が認められたため、10日にエックス線検査を受け、骨折が判明した。すでに14日に中央競馬の施設で骨片(約1センチ)の摘出手術を受けており、現在は船橋競馬場の自厩舎で静養している。全治には4カ月ほど要する見込みで、3冠のかかった7月13日大井のジャパンダートダービーへの出走は不可能となった。
 同馬はここまで7戦6勝の成績。羽田盃、東京ダービーでは、ともに80%を超える単勝支持率に応えて楽勝。名手・内田博騎手に初のダービー制覇をプレゼントするとともに、ここ10年で「最強のダービー馬」の呼び声も上がった。順調ならJDダービーでカネヒキリ(ダート4戦4勝)などJRAの強豪を迎え撃つ予定だった。
 川島正行師「東京ダービーの競走中に骨折したと思うが、レース直後は熱や腫れもなく、気が付かなかった。手術はうまくいったので、今後は放牧に出さず自厩舎で休ませる予定。3冠がついえてしまったのは残念だ。今後のローテは馬主さんとも相談しながら、あくまで馬中心で考えていきたい」。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ