10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/5/8

オークス、400万組にも出走のチャンス  

8日、5月22日に東京競馬場で行われるオークス(G1・芝2400m)の登録馬が発表された。フルゲート18頭に対し24頭が登録した。

 8日のNHKマイルC(G1)を制した桜花賞(G1)馬ラインクラフトは登録を行わなかったが、桜花賞2着のシーザリオを筆頭に、フローラS(G2)を制したディアデラノビア、昨年の2歳女王ショウナンパントルなどが登録している。現時点では、本賞金800万組の3頭も出走可能で、本賞金400万組から抽選で2頭出走が可能。登録馬は以下の通り。

( )内は性齢、所属・調教師
【優先出走馬】
シーザリオ(牝3、栗東・角居勝彦)
エアメサイア(牝3、栗東・伊藤雄二)
ディアデラノビア(牝3、栗東・角居勝彦)
レースパイロット(牝3、栗東・松田国英)
アスピリンスノー(牝3、栗東・森秀行)
ライラプス(牝3、栗東・松田国英)
コスモマーベラス(牝3、栗東・中村均)

【収得賞金順】
ショウナンパントル(牝3、美浦・大久保洋吉)
エイシンテンダー(牝3、栗東・武邦彦)
ジェダイト(牝3、栗東・池江泰郎)
エリモファイナル(牝3、栗東・大久保正陽)
アドマイヤメガミ(牝3、栗東・松田博資)
ジョウノビクトリア(牝3、栗東・森秀行)
ビッグフラワー(牝3、栗東・中尾正)
ブリトン(牝3、栗東・武邦彦)
ランタナ(牝3、美浦・大江原哲)

【抽選で2頭出走】
クイックセイコー(牝3、美浦・鈴木康弘)
クリソプレーズ(牝3、栗東・音無秀孝)
シュウザンアイ(牝3、美浦・鈴木康弘)
トップセラー(牝3、美浦・和田正道)
パーフェクトマッチ(牝3、美浦・萩原清)
ピューマカフェ(牝3、美浦・小島太)
メジロトンキニーズ(牝3、美浦・高橋裕)
ヤマニンアリエル(牝3、美浦・浅見秀一)
0

2005/5/8

NHKマイルC、騎手コメント「ビックリしました」  

1着 ラインクラフト(福永祐一騎手)
 ビックリしました。状態は今までの中で最高。輸送もこなしてくれて良い雰囲気でした。馬場は外が良かったけど、内ギリギリの良い位置に進路を取りました。坂の下でも手応えは十分。よく頑張ってくれました。

2着 デアリングハート(後藤浩輝騎手)
 デビューからのビデオを見て、イメージトレーニングをしてました。今日は比較的大人しく精神的にも強くなってきていると思う。折り合いもつき、反応も良すぎる馬。GOサインにもスッと反応してくれた。距離だけど、このまま落ち着いてくれれば大丈夫そう。

3着 アイルラヴァゲイン(横山典弘騎手)
 ケイコとイメージが一緒。返し馬も状態も良かった。頑張っている。

4着 ペールギュント(武豊騎手)
 意外とペースが遅かったので、大外一気はあきらめて馬群の中に。最後はちょっと伸びて止まってしまった。今日は器用さの求められる展開。厳しかった。

5着 セイウンニムカウ(安藤勝己騎手)
 他馬を気にするところがあったし、折り合いがつきすぎた。道中はハミを取らずに、思ったような位置が取れなかった。今日はスムーズな競馬ができなかった。

12着 マイネルハーティー(内田博幸騎手)
 右回りの方が良いね。スローのイメージはあったけど、動けないし…。
0

2005/5/8

NHKマイルC全着順、払戻金  

8日、東京競馬場で行われたNHKマイルC(G1・芝1600m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 ラインクラフト 1:33.6
2 デアリングハート 1.3/4
3 アイルラヴァゲイン クビ
4 ペールギュント 2
5 セイウンニムカウ 1.1/4
6 エイシンヴァイデン 3/4
7 ビッグプラネット 1.1/2
8 パリブレスト クビ
9 バブルエスティーム ハナ
10 イヤダイヤダ 1
11 コパノフウジン クビ
12 マイネルハーティー 1/2
13 ディープサマー 1/2
14 ストラスアイラ 3/4
15 コスモフォーチュン 1
16 インプレッション 1/2
17 シルクトゥルーパー クビ
18 マルターズビクター クビ

単勝
12 390円
複勝
12 180円
13 620円
4 270円
枠連
6-7 1160円
馬連
12-13 4890円
ワイド
12-13 1410円
4-12 810円
4-13 3230円
馬単
12-13 6410円
3連複
4-12-13 12,760円
3連単
12-13-4 63,150円
0

2005/5/8

NHKマイルC、ラインクラフト快勝  

8日、東京競馬場で行われたNHKマイルC(G1・芝1600m)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ラインクラフト(牝3、栗東・瀬戸口勉厩舎)が、10番人気デアリングハートに1.3/4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。さらにクビ差の3着には4番人気アイルラヴァゲインが入った。

 レースは最内枠からエイシンヴァイデンが逃げ、5番人気ビッグプラネットが3番手を追走する展開。4番手追走のラインクラフトが4角入り口で最内に突っ込むと、直線半ばでは早くも先頭に。その直後にいたデアリングハート、中団から外に持ち出したアイルラヴァゲインが追い込むも差は一向に詰まらず、桜花賞からの変則2冠を達成した。1番人気ペールギュントは、後方待機から追い込むも4着に敗れている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ