10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/17

皐月賞、武豊騎手コメント「勝てて嬉しいです」  

着 ディープインパクト(武豊騎手)
 スタートでつまずきましたが、パーフェクトなレースでしたね。人気があったので、責任重大だと思って乗りました。勝てて嬉しいです。
0

2005/4/17

サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)  

登録頭数: 17頭
アスピリンスノー (54.0)
アルフォンシーヌ (54.0)
イエローパピヨン (54.0)
ウェディングヒミコ(54.0)
シールビーバック (54.0)
スズカローラン  (54.0)
セリーナトロフィー(54.0)
タガノヒロイン  (54.0)
ディアデラノビア (54.0)
パルシェル    (54.0)

パーフェクトマッチ(54.0)
ビコーグレイス  (54.0)
ピサノグラフ   (54.0)
メジロトンキニーズ(54.0)
モエレオープンヒメ(54.0)
ヤマニンアリエル (54.0)
レースパイロット (54.0)

0

2005/4/17

天皇賞(春)(GI)  

登録頭数: 25頭
アイポッパー   (58.0)
アクティブバイオ (58.0)
アドマイヤグルーヴ(56.0)
ウイングランツ  (58.0)
エルノヴァ    (56.0)
グラスポジション (58.0)
サクラセンチュリー(58.0)
ザッツザプレンティ(58.0)
サンライズペガサス(58.0)
シルクフェイマス (58.0)

スズカマンボ   (58.0)
ストラタジェム  (58.0)
スパークホーク  (58.0)
チャクラ     (58.0)
トウショウナイト (58.0)
ハイアーゲーム  (58.0)
ハイフレンドトライ(58.0)
ハーツクライ   (58.0)
ヒシミラクル   (58.0)
ビッグゴールド  (58.0)

ブリットレーン  (58.0)
マイソールサウンド(58.0)
メイショウサライ (58.0)
ユキノサンロイヤル(58.0)
リンカーン    (58.0)

0

2005/4/17

■皐月賞全着順、払戻金  

 17日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1・芝2000m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 ディープインパクト 1.59.2
2 シックスセンス 2.1/2
3 アドマイヤジャパン 1
4 マイネルレコルト 1.1/2
5 アドマイヤフジ クビ
6 ペールギュント アタマ
7 スキップジャック 1.1/4
8 ダンスインザモア クビ
9 ローゼンクロイツ クビ
10 トップガンジョー ハナ
11 タガノデンジャラス 3/4
12 ヴァーミリアン クビ
13 ビッグプラネット 1.1/4
14 ストラスアイラ クビ
15 パリブレスト 1/2
16 コンゴウリキシオー 1.3/4
17 エイシンヴァイデン 1.3/4
18 ダイワキングコン 1/2

単勝
14 130円
複勝
14 110円
10 1,030円
16 220円
枠連
5-7 2,880円
馬連
10-14 5,830円
ワイド
10-14 1,840円
14-16 280円
10-16 7,020円
馬単
14-10 6,100円
3連複
10-14-16 14,280円
3連単
14-10-16 70,780円

※各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認下さい。
0

2005/4/17

■皐月賞、ディープインパクト圧勝  

17日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1・芝2000m)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝130円)ディープインパクト(牡3、栗東・池江泰郎厩舎)が、3角過ぎで一気に進出すると、後方待機の12番人気シックスセンスに2.1/2馬身差を付け圧勝した。勝ちタイムは1分59秒2(良)。さらに1馬身差の3着には先行した3番人気アドマイヤジャパンが入り、2番人気マイネルレコルトは4着に敗れた。

 レースはビッグプラネットが逃げる展開。1番人気ディープインパクトはスタートで後手を踏み、1角では最後方、向正面では後方3、4番手に付ける。前半1000m59.6秒の淀みない流れの中、3角手前から中団待機のマイネルレコルトが仕掛けると、それに続いてディープインパクトも進出。4角で大外に持ち出すと直線坂上では早くも先頭に。後方に待機したシックスセンス、好位から脚を伸ばしたアドマイヤジャパン以下を寄せ付けず完勝した。

 勝ったディープインパクトは、父サンデーサイレンス、母がアラルポカル(独G1)勝ち馬ウインドインハーヘア(その父Alzao)という血統。全兄にブラックタイド(スプリングS-G2)、従兄にウインクリューガー(父タイキシャトル、NHKマイルC-G1)勝ち馬)がいる。昨年12月のデビュー戦(阪神・芝2000m)から、無敗の4連勝で皐月賞を制した。通算成績4戦4勝。

 無敗での皐月賞制覇は、01年アグネスタキオンに続き、史上16頭目。サンデーサイレンス産駒の皐月賞制覇は、95年ジェニュイン、96年イシノサンデー、00年エアシャカール、01年アグネスタキオン、03年ネオユニヴァース、昨年のダイワメジャーに続き、通算7頭目。サンデーサイレンス産駒の1〜3着独占は史上初。鞍上の武豊騎手は93年ナリタタイシン、00年エアシャカールに続き、同レース3勝目で、蛯名武五郎、渡辺正人、岡部幸雄元騎手に並ぶ史上タイ記録。管理する池江泰郎調教師は、02年ノーリーズンに続き同レース2勝目。
0

2005/4/17

■ベンジャミンS、シルクネクサスが快勝   

17日、中山競馬場で行われたベンジャミンS(芝1800m)は、M・デムーロ騎手騎乗の3番人気シルクネクサス(牡3、栗東・岡田稲男厩舎)が、2番手追走から逃げる2番人気ケイアイヘネシーを1.1/4馬身差捕らえて快勝した。勝ちタイムは1分47秒2(良)。さらに1.1/4馬身差の3着には、1番人気のメガトンカフェが入った。

 勝ったシルクネクサスは、父グラスワンダー、母シルキーヒロイン(その父スターリフト)という血統。6戦目の未勝利戦で初勝利と時間を要したが、次走の黄菊賞(500万、芝1800m)で逃げ切りを決め連勝。その後は重賞で苦戦が続き、前走の若葉S(OP、芝2000m)も5着に敗れた。通算成績は13戦3勝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ