10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/15

GI展望《皐月賞》  

◆ディープインパクトで本当に仕方ないのか。相手も順当で、穴党の出番はないのか。今年の皐月賞は、まずこの点をはっきりさせて馬券を買う必要がある。
◆単に無敗というだけではなく、ディープインパクトの過去3戦は中身が出色。前走・弥生賞は、楽な手ごたえのまま外から進出、直線で京成杯馬と朝日杯FS馬をねじ伏せた。着差こそクビとはいえ、トライアルとしては文句のない内容だった。前々走は1頭だけ飛び抜けて速い上がり33秒6で後続に5馬身差。新馬は、その後きさらぎ賞を制したコンゴウリキシオーを相手に1秒速い上がり33秒1で4馬身の差をつけて快勝している。追って味があり、レースセンス非凡。これで馬群にもまれる多頭数競馬の経験があれば申し分ないのだが、最大のライバルと目されたストーミーカフェが戦線離脱した今、普通に走れば圧勝して不思議はない状況といえる。ちなみにミスターシービー以降の過去22年のデータでは、単勝支持率が30%を超えた1番人気馬は〔6・1・3・1〕。
◆本命馬が大勝のレースになれば、負かしに行く馬は危ない。それでも力で対抗するとなれば、弥生賞で接戦したアドマイヤジャパンの名を挙げねばなるまい。不良馬場で2分7秒4の決着だった京成杯ではタフな面を示し、インを突いて伸びた弥生賞では器用なところも見せている。デビュー以来すべて2000Mを使われて距離経験豊富。鞍上・横山典弘騎手の手綱さばきも光る。
◆2歳王者ながら弥生賞は3着に終わったマイネルレコルト。完成が早いタイプであるのは確かでも、前記2頭とは違って、こちらは朝日杯FS以来3ヵ月ぶりの実戦を叩いた上積みが見込める。ただ、2000Mでは道中の折り合いがポイント。前走と同じようにかかりぎみになると、今度は大きく失速する恐れも生じる。その意味では、引っ張り役のストーミーカフェを欠いたのは痛い。
◆過去、数多くの活躍馬を送り出してきた12月のラジオたんぱ杯2歳S。今世代の優勝馬はヴァーミリアンだが、前哨戦とはいえスプリングSの惨敗は大誤算。馬体を減らし、まったく見せ場なく沈んでしまった。過去10年、前走8着以下から巻き返した皐月賞連対馬はゼロ。デムーロ騎乗でも連下級以上の扱いはできない。むしろ、2着だったローゼンクロイツに一発の期待がかかる。父はサンデーサイレンス、牝系も優秀で、ひと目で分かる良血馬。使われるごとに力をつけているのは好材料で、前走の毎日杯は母や姉を彷彿させる末脚を見せた。まだ完成途上のフットワークではあるものの、前途は洋々。ここでも当然マークしておきたい。その毎日杯で3着だったコンゴウリキシオーは先行力上位だが、スケールが少し見劣るのがネック。弱い相手にマイペースだとしぶといタイプで、で最後まで粘り込めるかどうか。
◆スプリングSは、朝日杯FS3着馬で1番人気のペールギュントが直線の坂で伸び切れず6着に終わり、より厳しいレースが予想される本番に課題を残した。潜在能力の比較からも押さえまでか。勝ったのは、平場条件戦を制したばかりのダンスインザモア。ペールギュント、ヴァーミリアンらの凡走で恵まれたのは事実だが、混戦から馬群を縫って伸びたのは地力アップの証拠。乱戦の際の2〜3着候補に付け加えておきたい。
◆素質だけなら、クラシックに強い血統のビッグプラネットも侮れない。とはいえ、キャリア2戦・初距離・相手強化。展開もアーリントンCのように楽ではない。今回に限っては少し評価を下げた方がいいだろう。
◆皐月賞で断然人気馬のヒモといえば、最近では4年前に単勝130円のアグネスタキオンが勝って、2着・ダンツフレーム(3番人気)、3着・ジャングルポケット(2番人気)。しかし、94年にナリタブライアン(単勝160円)→サクラスーパーオー(9番人気)、91年にトウカイテイオー(単勝210円)→シャコーグレイド(16番人気)という例もある。気楽に脚をためる伏兵に注目なら、若葉Sでワンツーのアドマイヤフジ、タガノデンジャラスあたりか。ともに距離適性十分。ちぎれた2着争いの展開で浮上の余地がある。
0

2005/4/15

インパクト強烈な末脚11秒9!!/皐月賞(04月14日)  

タイトルはもらった! 皐月賞(G1、芝2000メートル、17日=中山)へ出走する各馬が、東西トレセンで追い切られた。クラシック制覇を目指す3戦3勝の無敗馬ディープインパクト(牡3、栗東・池江泰郎)は武豊騎手(36=フリー)を背に、Dウッドコースで追われ、しまい200メートル11秒9の切れ味で併走馬にあっさり1馬身半も先着。臨戦態勢は完全に整った。
 直線の半ばでディープインパクトの重心が沈み込む。武豊が軽く手綱を放しただけで、トモの回転が増した。いっぱいに追われ、内で食い下がるレキシントンバレー(3歳未勝利)を一瞬にして引き離す。11秒9の強烈な末脚を繰り出し、1馬身半差をつけてゴールを駆け抜けた。

 あん上は手綱の動きに合わせて手を添えるだけ。一切追うことなくDウッドコースの大外を走り切った。最初の1ハロンを15秒8で入り、13秒9、12秒9と徐々にスピードアップする理想的なラップを刻んだ。6ハロン80秒3、ラスト11秒9。その時計以上に、流れるようで無駄のない走りが視線を一身に集める。クラシック第一関門に向け、万全の態勢であることを証明した。見守った池江泰郎師(64)は「先週も速い時計を出してるし、今週は軽い調整で十分。それでも時計は速くなったけどね。調子のいい証拠でしょう」と自信の表情を見せた。武豊も「体はできているし、キープするような調教を、と指示を受けた。無理して出した時計じゃないし、ちょうどいい感じに仕上がった」と手応えは確実につかんでいる。

 皐月賞への登竜門、前走の弥生賞で3連勝を決めた。池江泰郎師が能力を再認識した内容の濃いトライアルだった。「前走が一番実のある競馬だった。苦しいレースという点で収穫があった」。結果は首差だった。だが、ムチを1度も使わなかった。圧勝と言ってもおかしくない。スローから一気にペースアップした3コーナー。「勝負どころ」といわれるポイントで距離をロスしながらも、スピードに乗った。そして直線でも鈍ることなく押し切った。

 武豊は弥生賞で同様のレースを試みたことがある。98年のスペシャルウィーク(優勝)、99年アドマイヤベガ(2着)、00年エアシャカール(2着)。来るべきクラシックへ向け地力を確認する重要な儀式だ。そこで勝利したことで、武豊を含めた陣営は力を再認識した。

 G1・10勝トレーナーは「素質は持っていたし、能力が開花してきたかな。素直な性格がレースに行っていい方へ出ている。3冠というより今回の皐月賞でいい結果を出すことを考えている」と口調は淡々としていた。多くの試練を乗り越えたからこそ、目前に迫る一戦に全力を傾ける。「一番最初にゴールしてほしい。それだけです」。穏やかな口ぶりは皐月賞制覇への自信の表れ。多くのファンの前で4度目の衝撃を与えてみせる。
0

2005/4/15

■東京競馬場に吉本のお笑い芸人が登場  

4月23日(土)から6月12日(日)までの第2回・第3回東京競馬開催期間中、吉本興業のお笑い芸人が新スタンド3Fセンターコートの特設ステージに登場し、お笑いライブを敢行する。観覧料、整理券等は不要となっている。詳細は以下の通り。

日時:4月23日(土)〜6月12日(日) 毎週土日 12:00〜12:30

場所:新スタンド3Fセンターコート

出演者(第2回東京競馬開催分)
4月23日(土)トータルテンボス、おはよう。
24日(日)ダイノジ、ジパング上陸作戦
30日(土)ショウショウ、バッドボーイズ
5月1日(日)はりけーんず、コンマニセンチ
7日(土)ハローバイバイ、ガリットチュウ
8日(日)タカアンドトシ、ロシアンモンキー
14日(土)ニブンノゴ!、アホマイルド
15日(日)POISON GIRL BAND、ハイキングウォーキング

※出演者は変更となる場合がございます。
※予告なくイベントの内容を変更する場合があります。
※第3回東京競馬開催分の出演者は決定次第、JRAのホームページにてお知らせします。
0

2005/4/15

■カシマフラワー骨折  

13日、10日阪神競馬場で行われた桜花賞(G1、芝1600m)に出走し、15着に終わっていたカシマフラワー(牝3、美浦・高市圭二厩舎)が、左第3手根骨を骨折していたことが明らかになった。復帰には6ヶ月以上の休養が必要とされている。

 同馬は、昨年7月の函館開催でデビュー。初勝利までに3戦を要するも、4戦目となった函館2歳S(G3)では8番人気ながら3着に好走。その後、札幌開催で500万下、すずらん賞(OP)と連勝し、10月に門別競馬場で行われたエーデルワイス賞(交流G3・ダート1200m)で初重賞制覇成し遂げていた。通算成績11戦4勝。父ヘクタープロテクター、母フラワーブリーズ(その父フェアジャッジメント)という血統。
0

2005/4/15

■皐月賞、ディープインパクト7枠14番  

 14日、17日に中山競馬場で行われる皐月賞(G1・芝2000m)の枠順が確定した。

 皐月賞TRの弥生賞(G2)を制し、3戦無敗のディープインパクトは7枠14番、2歳チャンピオン、マイネルレコルトは2枠3番、スプリングS(G2)を制したダンスインザモアは8枠18番。前走毎日杯(G3)で、重賞初制覇を達成したローゼンクロイツは7枠13番に入った。枠順は以下の通り。

( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 アドマイヤフジ(牡3、福永祐一・橋田満)
1-2 トップガンジョー(牡3、小牧太・和田正道)
2-3 マイネルレコルト(牡3、後藤浩輝・堀井雅広)
2-4 コンゴウリキシオー(牡3、藤田伸二・山内研二)
3-5 ヴァーミリアン(牡3、M.デムーロ・石坂正)
3-6 ビッグプラネット(牡3、柴田善臣・南井克巳)
4-7 ペールギュント(牡3、池添謙一・橋口弘次郎)
4-8 ストラスアイラ(牡3、吉田豊・小島茂之)
5-9 ダイワキングコン(牡3、北村宏司・増沢末夫)
5-10 シックスセンス(牡3、四位洋文・長浜博之)
6-11 パリブレスト(牡3、田中勝春・小島太)
6-12 タガノデンジャラス(牡3、安田康彦・松田博資)
7-13 ローゼンクロイツ(牡3、安藤勝己・橋口弘次郎)
7-14 ディープインパクト(牡3、武豊・池江泰郎)
7-15 エイシンヴァイデン(牡3、武幸四郎・瀬戸口勉)
8-16 アドマイヤジャパン(牡3、横山典弘・松田博資)
8-17 スキップジャック(牡3、勝浦正樹・高橋裕)
8-18 ダンスインザモア(牡3、蛯名正義・相沢郁)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

 なお皐月賞の馬券は、15日に新橋、後楽園、難波、梅田のウインズで前々日発売され、16日から全国の競馬場・ウインズで前日発売される。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ