10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/12

インパクト静養、報道陣に動じず/皐月賞(04月12日)  

牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1、芝2000メートル、17日=中山)に出走する無敗の弥生賞馬ディープインパクト(牡、栗東・池江泰郎)は11日、全休日のため、厩舎で完全静養。追い切り、そしてレースに向けて英気を養った。1冠がかかる皐月賞ウイークのスタートとあり、多くの報道陣が集まったがまったく動じる様子もなく、にんじんにかじりついた。
 市川厩務員は「弥生賞後は1週間から10日、調教のペースを落としてリラックスさせた。徐々に調整のピッチを強めてきたが、馬なりですごい時計が出ている。今まで通り高いレベルで維持してあげるだけ」と笑顔を見せた。
0

2005/4/12

インパクト半妹10日に誕生、関係者絶賛(04月12日)  

北海道早来町のノーザンファームで、ディープインパクトの半妹となるアグネスタキオン産駒の牝馬が10日、誕生していたことが分かった。桜花賞デーに誕生したインパクトと同じ鹿毛馬に、ノーザンファーム関係者は絶賛。中尾氏は「標準体重ですが、素晴らしい牝馬です。タキオン産駒にしては背中に伸びのある体形で、牝馬クラシックはもちろん古馬になってからも活躍を期待しています」。(外)だった姉レディブロンドも6戦5勝で繁殖入りした素質馬。母ウインドインハーヘアを輸入後、国内では2頭目となる牝馬は早ければ、07年のターフに登場する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ