10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/5/1

マンボ―安藤 思惑通りのイン強襲  

注文通りのイン強襲だ。1日の天皇賞・春で18頭立て13番人気。だが、安藤騎手の胸の内は違った。「調教での感触がすごく良かったし、抜けた馬はいないのでひょっとすれば、という期待はあった」

 頭をかすめたのは昨秋の菊花賞だ。コンビを組むのは初めて。スタミナをなくさないよう最初のコーナーで内の経済コースを通るつもりが潜り込めなかった。結果は外から追い上げて勝ち馬から2馬身余の6着。不完全燃焼の敗戦だったが、能力の高さは十分伝わってきた。

 今回は3度目の騎乗。わずかな期間に馬が成長しているのが感じ取れた。好スタート。無理なくインの好位置をキープした。「菊花賞の時と違ってスタートからリズム良くリラックスして走っていた。これなら確実に直線は伸びると…」

 4コーナーを回っても抜群の手応えだった。直線は思惑通りにインへ。「最後まで止まりそうな感じはなかった。あと100メートルの地点で大丈夫だと思った」

 終わって見れば2着馬に1馬身半差の完勝。普段から燃えやすい気性を厩舎スタッフが落ち着かせ、騎手は菊花賞での苦い経験を生かして大舞台で能力を全開させた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ