10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/19

柏木集保 重賞レース回顧  

スタートでつまずき、よろけた時。4コーナー手前で息を抜き、初めて気合のムチが入った時。2度ばかりドキッとさせたが、期待通りの、それ以上の完勝だった。ここまでの3勝は軽いストライドとバネだけが目立ち、迫力は感じさせなかったディープインパクトだが、今回は直線に向いての400m、真一文字に伸び、11.4-11.3秒のラップが刻まれたところで差を広げ、最後は馬なりで流したから凄い。ダービーも確勝だろう。

 これまで無敗の皐月賞馬は15頭いるが、理想の4〜6戦のキャリアで全勝となった馬のうち、ダービーに出走した馬は、史上1、1、1、2、1、1、1着。76年のトウショウボーイが2着惜敗だった以外、全てダービー馬となっているという歴史がある。ディープインパクトは無理のないステップで4戦4勝。体調キープは決して難しくないだろう。母は英オークス2着馬。祖母はバステッド(その父クレペロ)の産駒。スタミナの裏付けもある。

 今回の皐月賞の1分59秒2は、前後半の1000mずつが59.6-59.6秒と典型的な平均ペースで、スピード能力とスタミナが問われ、各馬の能力が存分に出し切れる流れだった。それを考えると、今回対戦したグループにはまず負けないだろうともいえる。

 シックスセンスは、きさらぎ賞、若葉Sの敗戦ですっかり株を下げてしまったが、1勝馬ながらずっと重賞路線を歩んできた期待馬。厳しい内容の2000mになって、秘める底力が生きたのだろう。互角のスタートでレースの流れに乗れた強みもあり、さすがはG1でのサンデー産駒というしかない。

 アドマイヤジャパンは16番枠から巧みにインに潜り込み、非の打ち所のないパーフェクトなレース運びを見せた。力の差は明らかになったが、ダービーでもディープインパクトの相手の1頭だろう。好馬体を誇ったダンスインザモアは、残念ながら案外。もう少し走れそうな力関係と思えたのだが・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ