2018/1/18  16:22

夫婦は合わせ鏡  身内の金言集

小学校低学年の頃の私は、母の体調が悪く、競艇選手の父が仕事に行っている時は
隣に住む、父の姉である『となりのおばちゃん』の所に預けられていた。

戦争未亡人で、女手一つで息子を育ててきた伯母は、
厳しかったが、とても可愛がってくれた。
それは、100歳近くになった今も変わらない。

うちの亀さんは、けっこう伯母のお気に入りだ。「面白い」そうだ。
滅多と伯母が気に入る人は居ないので、その時点で亀さんが「変わり者」なのは間違いない。

「あんたは、いっつも楽しそうやな〜。」会うといつも言われる。
『そりゃあんまりだ』とか『いい加減にしろよ』とか『今に見ていろ〜』とか
のたうち回っていた時期にも、やっぱり同じようにそう言われた。

「あんたがそうして居られるのは、旦那さんのお陰やで」
これには流石に反発したのだが、

『好むと好まざると、夫婦は合わせ鏡や。
あんたの旦那が面白いのはあんたの手柄や。』



ああ・・・そうなのね。。。
その言葉を反芻しながら、20年ほど暮らしてる。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2018/1/18  15:14

たぶん平穏だから  家族

私は長い年月共に過ごしてゆく人間は、嫌いにならない努力が必要だと思う。
どうしても嫌だと思う事を我慢してて、
大嫌いになったり、一緒にいたくなくなったりするのはダメなんじゃないかと思ってる。

私は、あまり人の好き嫌いが無い。
亀さんの性格も「長所が短所」だから、別に変えて欲しいとは思わない。

でも 「ただいま」 と言って欲しい。

「おかえり」と言うと 「うむ」と言われる生活は嫌だ。


「ただいまでしょ?」って言うと
「うんと言ったじゃないか」と言われる。
「うんはただいまじゃないよ」と言うと「俺としては一緒だ」
「言われる側が嫌なんだから変えてくれてもいいんじゃない?」
「なんでそんな事に拘るか分からない」 
「おかえりなさいがちゃんと言えたことを、ヨシって言われてるようで嫌だ」
「ま、そんなもんだな。昔はみんなそんなだ。健さんを見ろ。」 etc…

そろそろこのやり取りにも、飽きてきた。
こちらはスペアのいる身ではないので、どうするかなぁ。

360日「亭主関白ごっこ」に付き合ってやるから、
5日「女王様ごっこ」とか「女政治家と○○秘書ごっこ」とかに付き合ってくれる?


たぶん、平穏だからこんなにも腹立つわけで。。。







クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ