2009/9/20  3:36

退院 アオバズク  宮古島


昨日はもうひとつの退院もありました。
こちらも連休明けの放鳥予定が早まり、昨日放鳥となりました。

9月9日の夜に母が緊急手術という事になったあと、15日に亀さんが拾って来たアオバズク。
そんな時だったから、絶対に、絶対に、助かって欲しかった。
野鳥の会のKさんが経過を知らせてくださってたから、順調に治っているらしいのは知っていたが
改めて元気になった姿を見ると、込み上げて来るものがあった。
迅速且つ的確な対応で保護飼育にあたってくださった、野鳥の会のKご夫妻に感謝いたします。

こちらは保護飼育中にKさんが撮ってくださった写真です。

クリックすると元のサイズで表示します



昨日の放鳥では・・・

クリックすると元のサイズで表示します

箱を開けたとたんに飛び出して、10メートルほど滑空。
すいっと急浮上して高い梢に留まった。

クリックすると元のサイズで表示します

見つけられるかな〜? (^◇^)  


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


 
0

2009/9/20  0:20

退院 母  家族



9月9日の夜に実家から連絡があって、母が救急車で運ばれたと言う。
落ち着かないままに日が変わった頃、やっとかかってきた電話で
「今から手術という事になった。でも、心配しなくて大丈夫だから。」

弟に「おまえはアホか!」と、言いそうになったが
精一杯、遠く離れた所に住んでる私を気遣ってくれているのが分かるから
自分に出来る事を考えながら手術が終わるのを待った。


腸閉塞だった。
ちょっと前に庭で慌てて転んで、腰をひどく打ったと言っていた。
どうやらそれが引き金になったようだ。
女の人の身体の造りは、妊娠に対応できるようにゆとりを持って造られているらしい。
それが年をとって筋肉が衰えてくると、転んだとかの弾みで内臓を支えきれないで、
こういうアクシデントに見舞われたりするらしい。
母は、ひどい痛みでおなかは切って処置しなきゃいけなかったけど
腸は切らずに戻せたそうだ。
それ以上の詳しい事は分からないのがもどかしいが、
連休明けに・・と言われていた退院が前倒しになり、昨日帰ってくる事が出来た。
きっと「術後が順調だ」という前に、毎日通う父の体調への懸念と、
家族と離れている事への母の不安感が、退院を早めたように思う。

電話で話す母の様子を思うと、これからが大変だ。
同居する弟夫婦の負担も増える。
一緒にいる人が、一番しんどい。

せめて、私は目の前の事を頑張らなきゃなぁ〜って思う。
今、それしか出来ないもんなぁ。



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ