2009/6/7  6:12

徹夜だ…  


うああ´Д`夜が明けた。
荷造り終わらん。
片付けも終わらん。

寝るのを一回飛ばして
孫と一緒に早寝しよ〜!

0

2009/6/6  1:02

ワンコ長屋の面々  無有ん家の生き物



亀さんが5年前に作ったお犬様御殿、安普請だったかどうか・・
最近傾いできて、スバルと海にも不評だ。

スバルにいたっては、括りつけたブロックをひきずって、
度々チョビとヒナタの居る母屋側へやってくる。
せっかく生えそろってきた芝生もガリガリ削って移動してくる。
叱り付けると、腹いせに届く範囲のサンセべりアの鉢植えを
片っ端からひっくり返して抜いてしまった。

ε- (´、`*)  根負けした。

最近はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します


ハウスをスバルに乗っ取られて、ゴミ箱で寝るチョビちゃん。。。
うわぁ〜言いつけちゃった〜。
夏やすみに、亀の子タワシが来たら、怖いことになるぞぉ (◎∀◎;)


0
タグ:  やれやれ 飼育

2009/6/3  0:04

何が本当かね〜  


詩を読んだ。もう一度読んだ。

初めて読んだ時、涙が止まらなかった。

昔々少女だった女の中にある、地団駄踏むような思い。
そこに居るのは私。
その思いは私の思い。
あふれ出る涙に流される事は心地良い。
あけすけに語られる思いのたけは共感を呼び、悲しく苦く、それでいて甘い。



詩を読んだ。もう一度読んだ。

『だましてください、言葉やさしく』それは私の本当の声であり、
自分のその詩を読むと涙が流れた。


前に読んだ時とは違う思いがこみ上げてくる。
その作者の言葉は、嘘だ。
自分で書いた詩を読んで、なぜ涙が流れる?
ここまであけすけに書いておきながら、どうしても書けない言葉があって
それが彼女を泣かすのだ。

ページとページの隙間に相反する感情を含みながら綴られる。
わたしはポロポロ涙しながら、その事に囚われたくないと思って生きている。
同じ臭いを感じつつ、反発しているよ、わたし。
この本を贈ってくれてありがとう。
会った時、いっぱい話そうね。


左側の本棚にある、童話屋発行の詞華集
『だましてください言葉やさしく』永瀬清子作は、いい本です。
とっても新鮮でした。
特に女性の方、機会があったら・・体力のある時に読んでみてね♪




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 

0
タグ: 自分  夫婦

2009/6/2  14:23

お土産用うなぎの事  (`∀^)♪食



6月14日 浜松オフ会 『かねりん』さん

うな重ときも焼きと、サラダと乾杯の飲み物と付けてもらって、4,500円です。
もっと飲みたい人は自前で注文してね。 y( ̄∀ ̄*) 面倒な計算放棄〜♪


家族へのお土産は受けてもらえるそうなので、各自で申し込んで下さい。
「14日の浜松オフ会の○○です」で注文してもらえば、帰りに
お持ち帰り用で持たせてもらえます。
 
こちら→ かねりんさんのホームページ に、お品書きがありますので、
蒲焼の値段等確認できます。
もし、肝焼きがお持ち帰りできるんだったら、お奨めなんだけどなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


0

2009/6/1  0:34

ひろいもんブーゲンビリア  無有ん家の生き物



亀さんが何年か前に拾ってきたブーゲンが花をつけた。

こんな立派な鉢が捨ててあった・・かわいそうに・・ っと
枯れ木の鉢が我が家に持ち込まれ・・・

病気が出たとか、虫が付いたとか、
捨てられるには捨てられるだけの理由がある
 っと
私は思ったわけだが、待って帰ってきちゃったものは仕方ない。
ε- (´、`*) 『毎度の事ながらかわいそうなのは私だと思う・・ぶつぶつ』

根詰まりしていた鉢を替えて、お世話して一年、
やっと枯れた丸太の様な幹から芽が吹いて、枝が伸びてきた。
葉っぱは出たが、花が付くのには4年ほどかかった。
そっか〜。こんな綺麗な花だったんだね、おまえ。
濃いピンクの大きな花です。とても綺麗です。
でも・・棘が半端なく長くて丈夫で、掌を突き通しそうな代物です。

クリックすると元のサイズで表示します

( ̄x ̄;) この棘のせいで植え替えてもらえず、
捨てられたんじゃないか〜?

まあ、何はともあれ、ちょっとした達成感なのであった。v( ̄∀ ̄*)


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ