2009/1/21  18:17

パパと呼ばないで 主題歌  思い出し話



私は音痴だった。いや、たぶん、今も・・(^◇^) 

でも、大好きな歌はあった。人前で披露した事は一度も無い。

『パパと呼ばないで』の主題歌 「にじ」
作詞:たかたかし
作曲:羽根田武邦
唄 :貝がら


 花は、なぜ咲くの いつか散るのに 陽だまりの中で 
 君は話しかける ちいさなアリにも ああ 夢はあるのかい
 走れ 風の中 虹に向かって 空の果てまでも
 誰かがどこかで 君を愛してる はるかな遠い空
 走れ 風の中 虹に向かって 空の果てまでも
 誰かがどこかで 君を愛してる はるかな遠い空
 



『パパと呼ばないで』の放送期間が昭和47年10月〜48年9月だそうだ。
私が明るく元気な中学生だった頃。
私が覚えている私と、かつての同級生のいう私は微妙にズレがある。
まあ、皆そんなもんなんだろうけど。

厭世観を抱いていた。

何が嫌!というひとつの事があったわけじゃない。
母親が時々入院して、競艇選手の父が仕事で不在がちなので、
小学生の頃は姉弟バラバラに親戚に預けられる事が多かった。
中学の頃には父のいない時は姉弟3人で暮らした。
私を鬱陶しく思ってる娘たちがいて、学校のトイレで鉢合わせすると嫌がらせされた。
友達がいないわけじゃなかった。たぶん、多種多様に多い方だったろう。
でも、「○人で班を組みなさい」と言われて一人余るなら、それは私だった。
荒れてた中学だったから、窓ガラスがしょっちゅう割られて寒かった。
それにもぞう紙を貼るのが学級委員の私の仕事だった。
午後にはまた破られるんだけどね〜。

こういう生活っていつまで続くんだろうなぁ〜って、時々思った。
人生ってこう言うもんなんだろうかなぁ〜って。
辛くて仕方ない時、誰も帰って来ない家に行って泣いた事がある。
泣いても無駄と知った。
誰も、私が泣いた事に気がつかないんだな。何も変わらない。


その頃、この歌を口ずさんでた。音痴でも〜。 
ひょんな所でこの曲の事が出て、
思春期の感傷にどっぷり浸かってた青臭い可愛いワタシを思い出した。
ヾ(≧∇≦*)ゝ ぎゃはは〜!



『だれか』には出会ったのかなぁ〜
それとも、まだどっかで待っているのかなぁ〜

一輝〜!!! 

(;¬_¬) オダジョーはどうした? (^◇^;) いやぁ北村一輝もいいかなって・・



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ