2007/5/19  22:37

人って面白い  病気話・怪我話



昨日は公民館運営審議会があって出かけてきました。
決算と事業計画。ぐおおおおお〜っと数字が並ぶのをチェックしてゆくのだが、
パッと見て、どこにどういう問題点があるのかわたしには皆目わからない。
S女史の指摘で「おお!」と気が付くのだが・・・。 スゴイなぁ〜っと思う。
「彼女はそういう畑を歩いて来てるからね。」と、別の委員さんはおっしゃるが、
やっぱり自分にできない事をできる人というのは魅力的だ。



今日は月イチの四つ葉の会。
みんなでお茶しながら、「今年度は何をしようかねぇ〜」っと。(*^_^*)
忘年会のカラオケは外せないな・・先生から薬についてのお話が聞きたい・・
手作りも何かしたいよね・・ここらでどこか、皆で遊びに行こうよ・・

なんてのを、ところどころ大いに脱線しながら決めてきた。
心療内科の話や蝶型紅斑の女の子の話、座薬が100個の話、
手作りの郷土料理の話に、宮古の法事は人がいっぱいで大変なのよ〜
なんて話題が乱れ飛び、どどっと笑いさんざめく。
ひとつひとつは、なかなか重い話なんだけど、重いままで終わらせない。
ぎゃはは!と笑い飛ばす宮古の女性はすてきだ。
ずっしりと辛かったり痛かったりするのを、そうやって少しだけ軽くしてみんな帰ってゆく。

私はまだ、痛み止めが無くても仕事ができる。
違和感はあるが、普段ほとんど関節痛で困ると言う事は無い。

ん〜♪やっぱり、人生はありがたい!


0
タグ: 自分 膠原病 健康



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ