2011/3/7  18:52

医療費がかさむ  無有ん家の生き物

我が家はいま、三匹の犬と一匹の猫と一匹の亀を飼っています。

少し前、一番若い「くるみ」の背中に傷ができ化膿してきて、獣医さんへ。
毛刈り&化膿止め抗生剤&塗り薬
クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します


暫く前から、スバルの左前足の肘の内側にカサブタみたいなのができだして、
そのうちカサブタが落ちるかな〜って思ってたが一ヶ月たっても治る気配がない。
悪い物だったらどうしましょと気になりだした。

で、先日。「ひなた」のピンと立った耳が垂れて、触ってみると中がぶよぶよしてる。
さては以前 「チョビちゃん」がやった事ある病気だな・・・って思い
クリックすると元のサイズで表示します

二匹まとめて獣医さんへ。(T_T)

手術&化膿止め抗生剤 × 2 

クリックすると元のサイズで表示します
「スバルちゃん」は良性のもので、切開して中身を出してもらった。
ありえんぐらいのビビりなので・・・
ちゃんとトイレをさせて行ったにも拘らず、
病院のドアを開けた瞬間からずぅぅぅ〜〜〜っと大小ちびりまくり (TvT)



問題はこいつ 
クリックすると元のサイズで表示します
手術中は麻酔でおとなしかった「おバカなひなた」は、
麻酔から覚めりゃおとなしく包帯なんかされるわけもなく。。。
あまつさえ、大暴れしたそうで。。。(◎∀◎;) 

(T◇T) すみません、すみません!
人も動物も年を取ると大変ねぇ。




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0
タグ: 手術  飼育



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ