芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2006/12/31

「Farmer Airlines」(6)  筒井道

おれと旗山は無事に東京に帰れるのか?
いよいよ「Farmer Airlines」も最終回でございます。



<p.56>
 l. 1 We're going to die, not in a shy way... 我ら堂々と死にに行く
    →「大君のへにこそ死なめ」
 l. 4 South Korea, I wondered. 韓国だろう、とおれは思った。
    ◆原文では旗山の台詞の後。「韓国」の前に「だいぶ長い間
    飛んでいたから」とあり。
 l. 6 bearings 方位
 l. 6-7 trunk road 幹線道路 →「国道」
 l. 7 Onuma 男沼
 l. 8 downwards 下向きに
    a petrol station ガソリン・スタンド
    ◆gas stationとも。ガソリン・スタンドは和製英語。
 l.13 road works 道路工事
    Sejiri 瀬尻
    seeing as 〜であるから
 l.17 in any case いずれにせよ
 l.18 primary school yard 小学校の校庭
 l.21 break up ばらばらになる
 l.22 parch(ed) 乾きを覚える
 l.24 touch(ed) down 着陸する
    a car 自動車 →「コロナ」
 l.25-26 by inches 危ういところで、かろうじて
 l.29 brace myself 覚悟を固める、腹をくくる
 l.30 swerve それる
 l.31 career(ed) 疾走する
 l.34-35 for the briefest of moments 一瞬
 l.36 make a bolt for 駆け出す

<p.57>
 l. 4 in utter delirium 極度に興奮して
 l. 5 skirt(ed) …と境を接する
 l. 6 abruptly 急に露出した →「赤土むき出しの」
 l. 8 run out of …を使い果たす
 l. 9 pump attendant 「サービスマン」
    agog 驚いて
 l.10 Fill her up 満タンにしてくれ
    ◆船や飛行機は女性代名詞を用いることがあります。
 l.12 fuel inlet 燃料注入口
 l.15-16 Ready for another ride? もう一度乗る覚悟はあるかね。
      →「あんたたち、もうこれ以上乗る気はないだろうね」
 l.16 contemptuously 軽蔑して
 l.17-18 about twenty miles 約二十マイル →「約三十キロ」
      ◆1マイルは約1.609キロ。20マイルだと約32.18キロ。
 l.19 glower(ing) at にらみつける
 l.20 his camera case カメラケース →「自分の鞄」
 l.21 sinuously 遠回しに →「猫なで声で」
 l.22-23 give(s) us a lift おれたちを同情させる
 l.23 in time 間に合って
 l.25 You're out of your mind! 「気ちがいだ」
 l.27 on your own 一人で
    Leave me out! ほっといてくれ →「おれはご免だ」
 l.28 vigorously 勢いよく
    in determination 決心して
 l.30 persuade 説得する
 l.30-31 keen on ひどく熱心で
 l.32 a certain amout of ある程度の
 l.32-33 Please yourself. 勝手にしろ。
 l.33-34 I'll be back in the office by tomorrow morning.
      明日の朝までに会社に戻る。
      ◆ここでもやはり原文にある「東京」はなし。
 l.35 with a trace of smile 少し笑って →「うすら笑いを浮かべて」
 l.36 on the verge of 寸前で

<p.58>
 l. 3 clamber(ing) よじのぼる
 l. 5 law 警官 →「駐在」
 l. 7 concern 心配
 l. 8 laugh it off 笑って退ける
 l. 9 breezily のんきに
 l.10 torrents 土砂降り、豪雨
 l.13 airborne 飛行して
 l.15 tirade 長広舌
 l.17 collapse(d) 崩壊する
 l.18 bury(ing) 埋める
 l.20 Why the hell 一体どうして
    bellow(ed) 怒鳴る


ふう。これですっきり年が越せそうです(笑)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ